povoから1週間データ使い放題をプレゼントされました、対象は能登半島地震被災エリアの契約者のようです

この記事は約2分で読めます。

povo私は石川県かほく市に住んでいます。能登半島地震の被災エリアになるということで、2月に入り使っている通信各社から通信量をプレゼントされました。
私が契約しているのは大手キャリア3社ではなく、MVMOと言われている通信サービスですが、それでもこのように便宜を図ってくれるとはありがたいです。

能登半島被災エリアに通信量をもらえました

povoからは7日間データ使い放題

povoからは「7日間データ使い放題」というプロモーションコードが届きました。使いたいタイミングでこのプロモーションコードを入力するとそれから1週間はデータ使い放題になるようです。

povo

povoはKDDIが提供している格安のサービスですが、5Gエリアでデータ使い放題にして接続すると下りは200Mbps以上の速度がでます。上りでも19.5Mbpsでますのですごく早いです。

ocnモバイルワンからは追加で2G

私がメインで利用しているiPhoneにはocnモバイルONEのSIMが入っています。特別な案内はなかったのですが、専用アプリをみたら2月1日に2G追加されていました。1月にも2Gもらいましたが、ほとんど使っていなくて残っていたので合計4Gになりました。この措置は2月末日までのようです。

大手通信キャリアの対応

本格的な通信環境の復旧はまだのようです

能登半島地震では深刻な被災をした奥能登エリアでは通信環境が厳しい状況が続いています。

令和6年能登半島地震、スマホ4キャリアの対応状況は--「応急復旧」完了済み、支援に奮闘(CNET Japan) - Yahoo!ニュース
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社は1月18日、通信4キャリア合同で、「令和6年能登半島地震」における携帯電話サービスの復旧対応状況を発表した。 4キャリアいずれも被災も、

避難所生活をしていたり、水道も止まっているという状況で暮らしている奥能登エリアのみなさんにとって通信環境は命綱です。一刻も早い復旧を期待しています。

能登半島地震で「Starlink」はどう役立ったのか――共同会見におけるKDDIの回答は
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは18日、令和6年能登半島地震における携帯電話サービスの復旧対応に関し、共同会見を実施した。会見における質疑応答で、KDDI 執行役員常務 技術統括本部 副統括本部長 兼 エンジニアリング推進本部長の山本和弘氏が、復旧対応における衛星通信サービス「Starlink(スターリンク)」の有用性について語った。

スターリンクを使うことで通信環境が改善したエリアもあるようです。

一方、金沢エリア以南では通信に関してはとくに問題ありません。私が住んでいるかほく市もインターネットに関しては能登半島地震以前と変わりなく使えています。