味噌、醤油

味噌、醤油のカテゴリアーカイブ

谷川醸造さんの直営店オープン石川県輪島市で人気NO1醤油は「サクラ醤油」です。奥能登で絶大な人気を誇る「サクラ醤油」を製造している醸造元・谷川醸造さんが、工場内に直営店をオープンしました。場所はマルコーさんというスーパーマーケットの隣です。
ちょっとお店を覗いてみました。とてもおしゃれなお店で、中はギャラリーというか、カフェバーというか、なんだか伝統的な醤油という商品を販売している小売店にはみえません。

 →

木造の醤油蔵輪島市に谷川醸造さんという醤油を製造している食品会社さんがあります。もともとは造り酒屋だったのですが、今はお酒の醸造はやめて味噌醤油を中心にしています。
その谷川醸造さんの木造の醤油蔵の前を通ったとき、ぷ~んと醤油のよい香りが漂ってきました。
今朝は氷点下の冷え込みでしたが日中はよく晴れて、まるで春の到来を思わせるような暖かな日差しの中で、とてもよい雰囲気の外観でした。ちいさな春みつけました。

 →

Tanigawajozo 輪島市には谷川醸造という醤油屋さんがある。創業百年を超える老舗の造り酒屋だったが今は酒造りをやめ醤油と味噌の専業になった。サクラ醤油というブランドの醤油が有名で、甘めの味わいが蕎麦つゆにするのにぴったりで、数年前から愛用している。この谷川醸造さんの醤油作りの工程を5代目の谷川専務の案内で見学させてもらった。

 →

有機大豆味噌ができた 寒仕込みの手作り味噌は梅雨明けの頃に食べごろになるといわれている。今年の冬に仕込んだマメジン味噌はいい具合に出来上がったので、これ以上発酵が進まないように冷蔵庫に入れた。
山田錦の米麹がたっぷりの有機大豆味噌ができたので、これから毎日好きなときにうまい味噌を食べることができる。

 →

マルカワみその杉樽マルカワみその杉樽は130年前からのものがある。創業が江戸時代(1772年)の米作り。すでに事業をはじめて230年以上経っている。本格的に味噌作りを始めたのは大正3年、河崎家の6代目がチェンジマネジメントをして米作りから味噌作りに転換したからだ。以来、味噌や麹を作る食品製造業となったのがマルカワみそである。
現在は、有機JAS認定のオーガニック味噌を作る味噌工場として知る人ぞ知るという小さな巨人的存在の味噌屋になっている。

 →

福島県郡山市の宝来屋さん福島県郡山市の宝来屋さんに中小企業診断士仲間と工場見学に来た。郡山市には奈良時代から伝統的に糀文化があり、市内には20もの糀屋や味噌屋があるという。宝来屋さんは糀人気を予測して平成19年に工場に投資した。しかし、昨年の3月11日に東日本大震災が起こり、さらに福島原発の問題。福島県内の食品産業は直接の被害と風評被害で大打撃を受けている。宝来屋さんは風評被害に苦みながらも、甘酒ペットボトルなどのヒット商品を生み出し、業績をアップさせている。

 →

マメジンの味噌作り近江町消費者会館の調理実習室に15名が参加、マメジンの味噌作りは今年も無事に終了した。
毎年同じように作っていても毎年少しづつ出来が違うのが発酵食品の不思議なところ。ここ数年、マメジン味噌の出来がいいので今年も出来栄えがどうなるか楽しみだ。

 →

味噌作りの会マメジンは大豆を作る活動をしている団体。冬は恒例の味噌作り、今年も例年どおり近江町市場の消費者会館で味噌作りの会を開催した。昨年よりも少ない参加者だったが、わきあいあいと味噌作りを楽しんだ。材料は大豆一斗(13キロ)をベースに、塩6キロ、みそ用麹(18枚 米15Kg分)で作る。無添加で少し甘目のぜいたくな味噌で、昨年作った味噌はとてもおいしかった。

 →

マメジンの味噌作りマメジンでは味噌作りが冬の定番の活動になっている。今年は2月12日(土)に近江町市場の調理実習室にて味噌作りを行うことができそうだ。今年も味噌作りのアドバイザーは農業法人社長が引き受けてくれた。忙しい中スケジュール調整してくれて感謝です。
食と農に関心がある方、大豆が好きな方、マメジンに興味がある方なら参加歓迎です。参加費は3000円で、この味噌作りに参加された方はマメジンの畑体験作業など年間活動にも継続して参加できます。

 →

マメジンの味噌づくりマメジンは今年も味噌を作る。10周年を迎えたマメジンの味噌づくりは近江町消費者会館で2008/2/3開催。一般の方も参加可能。興味ある方はマメジンのホームページにてご確認の上お問い合わせください。

さて、昨日は25位。今日は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加