エクセルの初期フォントを游ゴシックからメイリオに変更する方法

この記事は約5分で読めます。

エクセルの初期フォントを游ゴシックからメイリオに変更エクセルの初期フォントは「游ゴシック」になっています。このフォント、みなさんは使いやすいですか?
私は「游ゴシック」がどうにも気に入らなくて「メイリオ」に変えています。毎回手作業で変更するのは面倒なので、新しいエクセルのブックを立ち上げたときにはフォントがメイリオになるようにしています。その方法をここで紹介しておきますね。

エクセルの初期フォントは自分の好みで変更可能です

游ゴシックからメイリオに変更する方法

エクセルで初期フォントを「遊ゴシック」から「メイリオ(Meiryo UI)」に変更する方法を以下に示します。

エクセルの初期フォントを游ゴシックからメイリオに変更

  1. エクセルを開く:
    • エクセルを開きます。
  2. オプションを開く:
    • 左上の「ファイル」タブをクリックします。
    • 下部にある「オプション」をクリックします。
  3. 基本設定を変更する:
    • 「エクセルのオプション」ダイアログボックスが表示されます。
    • 左側のメニューから「全般」を選択します。
  4. フォントを変更する:
    • 「新しいブックの作成時」というセクションを見つけます。
    • 「フォント」のドロップダウンメニューをクリックし、「メイリオ(Meiryo UI)」を選択します。
    • 必要に応じて、フォントサイズも変更できます。
  5. エクセルを再起動する:
    • 「OK」をクリックして設定を保存します。
    • エクセルを閉じて再度開きます。

エクセルの初期フォントを游ゴシックからメイリオに変更

これで、エクセルで新しいブックを作成するときのデフォルトフォントが「メイリオ(Meiryo UI)」に設定されます。

ここではメイリオに変更しましたが、ご自身の好きなフォント(MSPゴシックやMS明朝など)に変更してください。また、初期のフォントサイズも変更可能です。

なお、この設定は既存のブックには適用されません。そのため、既存のブックのフォントを変更する場合は手動で行う必要があります。

エクセルの初期フォントが游ゴシックの理由は?

初期フォントが「遊ゴシック」になっている理由はいくつか考えられますが、主に以下の点が挙げられます。

  1. デザインと美観:
    • 「遊ゴシック」は、日本語フォントの中でもデザイン性が高く、美しい見た目を持っているとMicrosoftが考えているのかもしれません。
  2. 対応範囲の広さ:
    • 「遊ゴシック」は、日本語だけでなく、他の言語にも対応しているため、国際的に使用される場合にも適しています。
  3. ライセンスと契約:
    • Microsoftが「遊ゴシック」を初期フォントとして選定した背景には、フォントライセンスや契約上の理由があるかもしれません。特定のフォントをデフォルトにすることで、コストや契約条件が有利になる場合も考えられます。
  4. ユーザーの慣れとフィードバック:
    • 初期フォントの選定は、ユーザーのフィードバックや慣れも影響します。Microsoftは、様々なユーザーの意見を基に最適なフォントを選んでいる可能性があります。

「遊ゴシック」は特定の場面では使いにくいと感じるユーザーも多いです。
そのため、エクセルのオプションでフォントを簡単に変更できるようにして、ユーザーが自分の好みに応じてカスタマイズできるようになっているのでしょうね。

エクセルのフォントに適しているのはなんでしょうか?

ではエクセルで使うフォントにはなにが適しているのでしょうか。

フォントには、等幅フォント(モノスペースフォント)とプロポーショナルフォント(プロポーショナルフォント)があります。そのどちらが適しているかについて考察してみました。

以下に、それぞれのフォントの特徴と適した使用場面を説明します。

等幅フォント(モノスペースフォント)

特徴:

  • 各文字が同じ幅を持つ。
  • 文字が整然と揃うため、列や行の比較が容易。

適した使用場面:

  • データの入力やコードの表示: 数字や記号、プログラムコードなどを扱う際には、文字が揃っている方が見やすく、エラーも発見しやすいです。
  • テキストの整列が必要な場合: 固定幅フォントは、テキストを整列させたいときに有効です。例えば、財務データやログファイルの表示など。

:

  1. MSゴシックやMS明朝:
    • Windowsに標準で搭載されている等幅フォント。シンプルで見やすい。
  2. Ricty:
    • プログラミングやテキストエディタ向けに作られた等幅フォント。日本語もきれいに表示される。
  3. Migu 1M:
    • オープンソースの等幅フォントで、日本語と英語の文字が揃って表示される。

プロポーショナルフォント

特徴:

  • 各文字が異なる幅を持つ。
  • 読みやすく、見た目が自然。

適した使用場面:

  • 一般的なドキュメント作成: プレゼンテーション資料やレポートなど、視覚的に美しい文書を作成する際に適しています。
  • 表形式のデータ: 見やすさと読みやすさを重視する場合に適しています。特に、見た目が重要な場合にはプロポーショナルフォントが好まれます。

:

  1. メイリオ (Meiryo):
    • Windowsに標準で搭載されているプロポーショナルフォント。読みやすく、視認性が高い。
  2. 游ゴシック (Yu Gothic):
    • モダンでスタイリッシュなデザインのプロポーショナルフォント。デフォルトのフォントとして使われることが多い。
  3. ヒラギノ角ゴ Pro (Hiragino Kaku Gothic Pro):
    • AppleのmacOSで標準的に使用される美しいプロポーショナルフォント。視認性が高く、多用途に使える。

フォントの選択は用途にあわせて

エクセルのフォントとしてどちらが適しているかは、主に次の2つの点を考慮すると良いでしょう。

  1. データの種類と用途: 数字やコードを扱う場合は等幅フォント、テキスト中心の場合はプロポーショナルフォントが適しています。
  2. 視覚的な美しさ: 表やグラフの見た目が重要な場合はプロポーショナルフォント、データの整列や比較が重要な場合は等幅フォントを選ぶと良いでしょう。

このように、具体的なニーズに応じてフォントを選ぶことで、エクセルの使い勝手が向上します。