GTM(グーグルタグマネージャ)を使う理由とメリット

gtm200.jpgGoogleタグマネージャを使うメリットと理由について説明しておきたいと思います。
グーグルタグマネージャ(以下GTMと称します)とはサイトに埋め込む複数のタグやトラッキングコードを一元管理できる便利なWEBツールです。Googleが無料で提供してくれています。主な用途としては、グーグルアナリティクスのトラッキングコードを埋め込むことに使います。最近では、GA3からGA4への切り替えのために並行計測(どちらも測定する)サイトが増えていますが、GTMならサイトに埋め込むトラッキングコードを変更しなくても柔軟に対応が可能です。

GTMを使う理由

GTMはGoogleが運用している公式のツールなので、Googleの他のサービス(Googleアナリティクス、Google広告など)との相性がよいのが大きなポイントです。高機能なのに無料で使えるのもありがたいです。

それ以外にも以下のようなメリットがあります。

・GTMのトラッキングコードは非同期タグなのでホームページの表示速度が速くなる
・複数のトラッキングコードやタグの設置やカスタマイズなど管理が簡単にできる
・公開前にプレビューでテストができたりバージョン管理ができる

例えば、熟読度コンバージョンを設定して測定しようとするとGTMなら比較的かんたんに設定が可能です。これをグーグルアナリティクスのトラッキングコードだけで使おうとするとコードの改造が難しいのと、時間の経過で設定変更が必要になった場合はふたたび全てのページに改造したトラッキングコードを埋め込まないとなりません。けっこうたいへんです。

GA4をあらたに設定するさいに、GA3とGA4のふたつのトラッキングコードをホームページに埋め込むのならこの機会にGTMにしてしまう方があとあとの管理が楽になります。

GTMのトラッキングコード

gtmsetting002.jpg

GTMのトラッキングコードは上記のようなイメージになります。

GTMの管理画面
https://tagmanager.google.com/

GTMの設定に関しては、
グーグルアナリティクスはGA3(UA)しか使っていなくてこれからGA4を始める場合はGTMを使いましょう
https://www.dm2.co.jp/2022/05/ga3uaga4gtm.html
にて説明していますので、そちらをご覧ください。


この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2022/05/gtm.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2022/05/gtm.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2022/05/gtm.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)

 

レンタルサーバーはどこがいいか

手軽にワードプレスでサイト構築ができるロリポップ
ロリポップ

レンタルサーバーシェアNO1のエックスサーバー
エックスサーバー

当社も利用しているさくらインターネット
さくらインターネット

この3つのレンタルサーバが日本では人気ベスト3のようです。