2023年10月からインボイス制度が始まります、準備をして体制を整えましょう

invoceseido200.jpgインボイス制度とは消費税に関連する税制の管理運用がより厳格化されるという制度です。
現在、日本の消費税は10%ですが、食品などは軽減税率が適用され8%になります。複数商品を購入すると10%と8%の2つの税率が混在した合計額を支払うことがありますね。そのさいに、商品税区分が10%のものと、8%のものを別々に合計し消費税額を明確にした請求書や領収書を発行しなければならなくなります。それがインボイス制度で、令和5年(2023年)10月から制度運用が始まります。

インボイス制度の概要

invoceseido.jpg

国税庁の解説
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice_about.htm
より引用

インボイス制度の概要について、次のとおりとなります。

  • 適格請求書(インボイス)とは、
    売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるものです。
    具体的には、現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び「消費税額等」の記載が追加された書類やデータをいいます。
  • インボイス制度とは、
    <売手側>
     売手である登録事業者は、買手である取引相手(課税事業者)から求められたときは、インボイスを交付しなければなりません(また、交付したインボイスの写しを保存しておく必要があります)。
    <買手側>
     買手は仕入税額控除の適用を受けるために、原則として、取引相手(売手)である登録事業者から交付を受けたインボイス(※)の保存等が必要となります。
    (※)買手は、自らが作成した仕入明細書等のうち、一定の事項(インボイスに記載が必要な事項)が記載され取引相手の確認を受けたものを保存することで、仕入税額控除の適用を受けることもできます。

上記がインボイス制度の概要です。

インボイス制度の問題は、免税事業者が社会的に立ち行かなくなる可能性...

消費税とというのは「付加価値税」です。なので、実際の消費税納付は、売上に対する消費税額から支払った費用などに含まれる消費税額を控除した「差額」になります。

ここで問題になるのが消費税を支払わなくてよい免税事業者です。

現在、年間の売上が1000万円を超えない事業者は消費税の納付が免除されており、免税事業者と言われています。免税事業者は、消費税を含んだ売上を計上するのに、実際には消費税を納めていないことになります。免税事業者は法人や非法人を問いません。フリーランスや小規模事業者、およびスタートアップする創業者には、免税事業者の比率が高いですね。
一般論として、消費税が益税になっているという指摘がされたりすることもあります。

しかし、インボイス制度が実施されると、免税事業者は請求書にも領収書にも消費税額を明確に表示することができなくなります。すると、免税事業者から購入した納税事業者は、支払った金額に対する消費税額を控除するための証明ができなくなり、事実上、消費税控除ができなくなってしまいます。

このことから、多くの法人は、インボイス制度に対応していない免税事業者との取引をためらうようになりますから、現実問題として免税事業者は苦境に立たされます。

消費税額控除ができない領収書は困る

例えば、個人タクシーを利用したさいの領収書が経費参入するさいの消費税額計算がややこしくなります。このことから、会社の経理担当に「個人タクシーは使わず法人のタクシー会社のを使って欲しい」と言われるようになるでしょう。

お歳暮やお中元を購入するさいも、地域の中小店舗だと免税事業者かもしれないので、受け取った請求書や領収書では税額控除ができなくなる恐れから、購入をためらうようなシーンも増えるでしょう。

このように、インボイス制度が始まると、免税事業者は一気に法人相手のビジネスが逆風となることが予想されます。

免税事業者は消費税を支払うことを選択するのが常道でしょう

インボイス制度が始まると、対法人ビジネスならたとえ年商が1000万円未満でも免税事業者を選択せずに、消費税を支払うことを選択すべきでしょう。そうしないと、これまで取引してくれた会社さんにご迷惑がかかります。

消費税計算はかなり面倒くさいですが、簡易課税制度というわりと導入しやすい税額計算もあります。

今のうちに、国税庁や税理士などの専門家に相談し、インボイス制度に対する準備をしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2021/11/invoice.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2021/11/invoice.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2021/11/invoice.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。