パソコン/ソフトウェア/周辺機器

パソコン/ソフトウェア/周辺機器のカテゴリアーカイブ

acmailer200.jpg「メルマガ」って、ネットを利用しているユーザーのイメージからすると古いかもしれません。いまどきはメッセンジャーアプリかSNSでしょ、という感想を持っている人が多いのではないでしょうか。
ところがどっこい。意外にメルマガって古いけど新しくて便利なコミュニケーションツールだなと思うのです。
企業アカウントからのLINEってうざいからブロックするようになったという話を聞くことが増えてきました。ブロックされていますと、ユーザーと連絡がとれなくなってしまうのが致命的です。
やはりメールアドレス管理が重要です。そもそもSNSやメッセンジャーアプリの登録にメールアドレスが必須ですよね。だから、最終到達手段としては今でもメルマガが最強なのかもしれません。

 →

wing200.jpgWindowsパソコンの画面を録画するには専用の録画ソフトがなくても大丈夫です。Windows10の基本機能に「画面のキャプチャ」があり、画面に写された画面を録画することが可能です。
操作方法は簡単です。「Windowsキー」と「G」を同時に押すとメニューが立ち上がりますので、録画ボタン「●」をクリックすると録画が始まります。終了時も同じボタンをクリックするだけです。録画された動画は「mp4」形式で「キャプチャ」というフォルダに自動的に保存されます。

 →

FFFTPで接続FFFTPを最新バージョンの4.7にアップデートしました。より安定感がでて使いやすくなっています。
さて、FFFTPで接続しようとすると「保護されていません」と表示される場合があります。これはSSL通信にWEBサーバが対応できていないことが原因です。とくに、さくらインターネットの場合が多いです。さくらインターネットで独自ドメインを設定していて、FTPでも独自ドメインで設定しているとこの警告が表示されるようです。

 →

cpu_win10kahi.jpgWindows7からWindows10へのアップデートだが、うまくいかない場合はCPUの世代が古い可能性がある。インテルのCPUは世代ごとに管理されており、Windows10を実装可能なCPUは第3世代以降のCPUのみである。また、第3世代以降のCPUのPCだったとしても、仕様の問題だったりスペック不足だったりするとアップデートがうまくできないようである。もしもCPUが第2世代より古ければWindows10にすることはできない。
CPUの世代を調べる方法は、PCの「システム」を開けばCPU名が表示されるのでその中身をよく見てみるとわかる。

 →

retsnotecfsv200.jpgレッツノート「CF-SV7RDAVS Let's note SV7」を購入した。昨日、壊れてしまったノートPCの後継機である。壊れたノートPCは修理に出すことにしたが、もともと今年はノートPCを購入する予定だったのでこの機会にネット通販で注文した。GW中にもかかわらず注文の翌日に届いた。さっそくセットアップして使えるようにした。

 →

hdad4u3gaigan.jpg外付けHDDを使い定期的にPCのデータをバックアップしている。過去20年分くらいを丸々保存しているので累積データはけっこう大きい。2TBのHDDのうち約1.5TBくらい使用している状況だった。そろそろ容量の上限が見えてきたのと、壊れる前の早めのバックアップということで、新たなHDDを調達した。新調したHDDは容量が4TBもあるのに購入額が約1万円とずいぶん安くなっていた。

 →

dogarajdi.jpg毎週日曜日午後2時からの「山下達郎サンデーソングブック」を聴くのを楽しみにしている。オンタイムで聴けないことが多いので、いつもはラジクールというソフトを使いラジコをリアルタイム録音している。しかし今日の分はうまく稼働しなかったようで録音がされていなかった。ラジコはタイムフリーというサービスがあるので、放送後1週間以内なら聴くことができるが、基本機能では録音することはできない。

 →

retsnoter6.jpg捨てるに捨てられず保管していたレッツノートR6を下取りにだすことにした。マウスコンピュータでニューマシンを買うことにしたのだが、どんなPCでも1台1000円で下取りしてくれるサービスをしていたからだ。
これまではデータ消去などやることが多いうえに処分料もかかるので廃棄するのも大変だった。いざ、処分しようとするとデータ消去をする必要がある。10年以上前のマシンでOSがウインドウズXPなので、現状ではさすがに使えない。しかしデータ消去のために起動させてみると意外にきちんと動くのにはびっくり。レッツノートは耐久性があるなとあらためて思った。

 →

hayaemon200.jpg聞々ハヤえもんという音楽再生プレイヤー(winソフト)を使い始めた。聞々ハヤえもんは「ぶんぶんはやえもん」と読む。聞々ハヤえもんの特徴は音楽をカスタマイズできることである。とくに気に入っているのが再生する曲のキーを変更してmp3で保存しなおすことができることだ。
たとえば、気に入った曲のオリジナルキーがE♭だとすると、耳コピーするにしても、ギターなどでコードを弾くにしてもとても不便。そこで、半音上げるか下げるかしてEかDに変更してしまう。EとかDならギターでもオープンコードで弾きやすい。そしてそのまま別名をつけmp3で保存しておくという使い方ができる。

 →

sironukimojii200.jpgちょっとした画像加工に便利な無料のレタッチソフトが「Jtrim」である。かれこれ10年以上は愛用しているが今でも現役で使える優秀なフリーソフトだ。このJtrimを使って、画像加工をするのだが、便利なのは画像内に文字を入れることだ。ちょっとしたバナー作成にも使えるし、写真説明を印象的にするために文字を入れておくのも有効。文字色や透過・不透過を選択できるので、「白を選び+透過」にすると白抜き文字加工ができる。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加