秀丸メールがバージョン5.00にアップ、迷惑メール対策が強化された秀丸メールで外国語の迷惑メールを効率よくカット

この記事は約3分で読めます。

Hidemarumaimeiwakufilter_ver500秀丸メールの新バージョン(ver5.00)が3月7日に発表。今回の秀丸メールは迷惑メール対策が強化されている。迷惑メールフィルターにURLチェッカー機能が追加されている。メール本文の内容で判定出来なかった日本語以外の迷惑メールでもURL名で判定可能となった。日本語以外の迷惑メールを効率よくカットできる。秀丸メールは秀丸エディタのユーザなら無料で使用できる高機能メールソフトだ。

さて、昨日は18位。今日は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします

秀丸メール

Hidemarumailver500

秀丸メールバージョン5.00機能追加/仕様変更
秀まるおのホームページ:秀丸メール改修履歴より)

・秀丸エディタのVersion 7.xx系とソースコード同期して、それの各種新機能が秀丸メール上でも使えるようになった。(メール本文での単語補完、単語補完のツールチップ表示、複数行の強調表示定義、展開/折りたたみ等)
・迷惑メールフィルターにURLチェッカー機能を追加した。URLの入った英語メールについて、メール本文の内容で判定出来ないケースでも判定出来るようになった。
・S/MIMEでの電子証明書の失効確認を出来るようにした。
・To:
ヘッダ等でのメールアドレスのカラー化で、たしかメールアドレスと認識した部分だけカラー化するようにした。例: 「hoge1@hoge.com
<hoge2@hoge.com>」のように表記されたケースで、hoge2@hoge.comの方だけ色つけするようにした。
・重複メールのチェックで、重複してるメールかどうかの判定基準を細かくカスタマイズ出来るようにした。&、「1つだけ残す」の時に残すメールについての条件も細かく指定出来るようにした。
・その他いろいろ細かい機能追加多数。

秀丸関連記事

秀丸エディタ/秀丸メール
秀丸エディタはウインドウズで使うテキストエディタです。シェアウェアというカテゴリのソフトウェアで、しばらくは無料で利用できますが継続して利用する場合は有料となり一度だけ課金を要求されます。 また、秀丸メールは、秀丸エディタがベースになったメールソフトで、スパムに強く軽快に稼働するので一定の層からは重宝がられているます。秀丸メールもシェアウェアですが、秀丸エディタに料金を支払い済みなら無料で利用する...

▼秀丸エディタ・秀丸メールについての他の言及記事

ファイヤーフォックス&秀丸、ファイヤーフォックスのソース表示を秀丸
中小企業診断士ブログ:遠田幹雄が今日書いたのはこれ⇒「ファイヤーフォックス&秀丸、ファイヤーフォックスのソース表示を秀丸にする拡張機能「ViewSourceWith」」:遠田幹雄.

秀丸エディタver6.0には高度なアウトライン機能がついた、htmlのソース

中小企業診断士ブログ:遠田幹雄が今日書いたのはこれ⇒「秀丸エディタver6.0には高度なアウトライン機能がついた、htmlのソースを見るなら秀丸エディタver6.0がおすすめ」:遠田幹雄.

鶴亀メールが秀丸メールに、名称変更の原因は商標問題
中小企業診断士ブログ:遠田幹雄が今日書いたのはこれ⇒「鶴亀メールが秀丸メールに、名称変更の原因は商標問題」:遠田幹雄.