グーグルプラス(Google+)

グーグルプラス(Google+)のカテゴリアーカイブ

gogleplusend200.jpgGoogleが運営していたソーシャルメディア「Google+(グーグルプラス)はまもなく完全に終了になる。2月4日から投稿ができなくなり、4月になると完全に無くなってしまう。2年前からユーチュブと連携が外されておりその後の利用者は激減していたようだ。もしもこれまで「グーグルプラスページ」に投稿してきた情報内容を保存したいのならば早めにダウンロードしておこう。
なお、Google+のサービスが終了しても、gmailやYouTube、Googleフォトなどのサービスは継続できる。

 →

このビジネスのオーナーですか?Googleで店名を検索するとグーグルマップが表示されることが多い。便利なサービスであるがときどき掲載されている情報が違っていることがある。地図の場所が微妙に違ったり、店舗名が少し間違っていたりすると利用者からすると不安である。もしも、自分がサービス業や小売店でグーグルマップに表示されている自店舗情報が間違っていたり修正をしたかったりする場合は、Googleに登録すれば変更ができる。
この瀬底はわりと簡単にできるのだが、まだ自分で修正できることを知らない経営者の方が多いようなので、変更方法を説明しておく。

 →

googlephotoアニメーションが便利Googleの写真無料ストレージ「GooglePhoto」がますます便利になっている。GooglePhotoはスマホで撮影した写真を自動でクラウドに保存してくれるWEBサービス。追加機能が充実しており、アニメーションという機能がお気に入りだった。アニメーションとは連続撮影した数点の写真を合成してアニメーション画像(gif形式)に自動的に作成してくれる機能である。このアニメーションに「手動でアニメーション作成できる機能」が追加になった。自分で選択した写真数点をアニメーション画像にすることができる。

 →

googlephotoアプリGoogleは9月からロゴが変更された。なにかと変化があるようだ。これまでGoogleのサービスの背骨として使用していたGoogle+(グーグルプラス)がそのポジションを変え重要度が低下している。すでにYouTubeの投稿にはGoogle+でなくてもよくなったようだし、Google+の写真保存機能もGooglePhotoという新サービスに引き継がれるようだ。事実上、Google+を使わなくなっていく方向に大きく動き出したようだ。本日、iPhoneにGooglePhotoのアプリをインストールした。Google+の写真バックアップ機能が今後使えなくなり、GooglePhotoアプリに移行するという案内があったからである。

 →

googleplus解体大変に残念であるがGoogle+(グーグルプラス)の本格的な解体が始まった。先般、Google+の写真機能がGoogleフォトとして独立したことから解体は時間の問題という憶測が流れていた。これまでのGoogleは「Google+」をGoogleのすべてのサービスの背骨のように紐付けて活用することを念頭にソーシャルメディア戦略を展開してきた。しかし、ユーザーの利用が進まず、わかりにくいという悪評ばかりが高まっていた。ついにGoogle+とYouTubeとの連携が外れることをGoogleが発表した。Google+を使う理由のかなりの比重がYouTubeとの連携だったからこの発表は大きな意味を持つ。このことはGoogle+がすべてのグーグルサービスの背骨になるという構造の崩壊であり、Google+の解体にほかならない。

 →

GooglephotoGoogle+の仕様変更が始まっている。Googleは写真のクラウドでの保存管理で、Google+とGoogleドライブを連携させていたが、GooglePhotoに移行させていく方針だ。とはいっても利用者としてはあまり気にしなくてよい。これまでもGoogle+で保存していた写真はGoogleドライブの領域を使っていたからである。ただ、この仕様変更でいくつか変化したことがある。写真1点の保存サイズが大きくなって上限容量を消費しなくなったこと。これはありがたい。もうひとつは、Google+では「おまかせビジュアル」という名称で写真を自動加工するサービスがあったが、これがなくなっており、代わりに「アシスタント」というメニューが増えている。

 →

googleplus分割のうわさGoogle+が分割されるという噂はほんとうかもしれない。Google+(グーグルプラス)はGoogleが運営するSNSとして、Facebookとの競争を意識しすぎた。その結果、誰からも使われないSNSになってしまったかもしれない。競争は意識し過ぎるとミート戦略(ものまね)ばかりになり、独自性がどんどん薄れていく。Googleはもっと独自性をだすべきだった。
ここにきてGoogle関係者からGoogle+の今後に関する情報がいくつか流れてくるようになっている。Google+の強みである写真関係を活かし、モバイル対応をさらに強化する方向で分割運営されるようになるかもしれない。

 →

googlepluspage youtubeYouTubeで新たにチャンネルを作成するならこの方法が便利ではないだろうか。Google+page(グーグルプラスページ)を作成したあとで、YouTubeにログインすると自動的にYouTubeチャンネルが作成されるのだ。Googleはひとつのアカウントですべてのサービスがつながっているので、このようになったのだろう。
たまたまなのだが、ずいぶん前に作成したGoogle+page(グーグルプラスページ)があった。このアカウントでYouTubeにログインし、チャンネル管理をしようとするとこうなった。

 →

halloween仕様の写真Google+ではHALLOWEEN仕様の写真を自動的に作成してくれるサービスを実施している。期間限定のようなのでやってみるなら今のうち。使い方は簡単。Google+にログインして「フォト」のページに移動するとハロウィン効果が用意されていた。加工したい写真を選択してしばらく待つだけで特殊加工された写真ができる。あとは「共有」ボタンを押すだけ。実際に共有がいやで写真だけがほしい場合は、いったん共有したあと写真をダウンロードしてから表示を削除(非表示になる)すればよい。

 →

そば畑モーション画像

google+(グーグルプラス)は写真の自動バックアップ機能がある。また写真を自動的に加工する機能が優れている。その機能のひとつにモーション画像というのがある。モーション画像は複数の写真を自動的に合成してあたかも動画のように見せてくれる機能である。埋め込み表示での表示しかできないのかと思っていたが、なんどダウンロードして保存できることがわかった。
Google+が自動作成したモーション画像を右クリックで保存を選んで自分のパソコンに保存すると、アニメーションgifとしてダウンロードできる。なのでこのアニメーション画像は再利用ができることになる。ためしにこのブログに複数点をアップしてみる。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加