入力したキーワードで絵画を作成してくれる「Dream by WOMBO」というAIがおもしろい

twitterblanktradingcard200.jpgAIによる絵画作成のWEBサービスがありました。「WOMBO Dream」というWEBサイトで無料会員登録をすると誰でもAIで絵を作成することができます。キーワードを入れてテイストのタイプを選択するだけなので簡単です。気に入った絵ができたら、その詳細版を購入することもできます。
今後、作成した絵画をNFTアートとして購入したり流通させたりすることもできるようなので、これからとっても面白いサービスになるのではないかと思います。
いくつかの絵を作成してみました。

AIアートは8つのテイストで作画してくれます

今回試したのは

Dream by WOMBO
https://app.wombo.art/

です。

aiarttypeanything.jpg

テイストとしては以下8つのタイプが選べます。

Etching(エッチング、銅版画)、Baroque(バロック、古典的芸術様式)、S.Dali(S.ダリのような絵)、Wuhtercuhler(水彩画のようなスタイル)、Mystical(ミステリアス、神秘的)、Festive(フェスティバル、お祭り)、Dark Fantasy(ダークファンタジー)、Psychic(サイキック、超能力)

...タイプはまだまだ増えそうな気配ですね。

そして、描きたいテーマをキーワードで入力するとAIが絵画のような画像を作成してくれます。

▼「Ceramic+Olympic」と入力しフェスティバルを選択して作成した絵
ceramicolympic.jpg

「Ceramic+Olympic」は「陶器+オリンピック」で冬季オリンピックのギャグです(笑)
なんだかおもしろそうな絵になりました。

▼「Print」と入力し、ダークファンタジーを選択して作成した絵
printdarkf.jpg

「Print」は「印刷」という意味で入力してみました。色にダークファンタジー感がでてますね。

▼「Twitter」と入力し、ダークファンタジーを選択して作成した絵
twitter_blank_tradingcard.jpg

「Twitter」と入力しダークファンタジーを選んだらこんな絵になりました。
上記の「Print」と比較すると、同じダークファンタジーでも雰囲気が違いますね。

また、一日おいて次の日に同じ「Twitter}+ダークファンタジーで作成してみたら違う絵ができました。

twi2blank_tradingcard.jpg

2回めのほうは画面の下の方に死神みたいな人物が立っているし、絵全体としても書き込みが増えている感じです。どんどん学習して変化していくようんですね。おもしろいです。

Twitterでのコメント

この「Twitter」+「ダークファンタジー」をTwitterにアップしてみました。

日本語の入力でもいけました

ワードは英語のみ対応かと思ったら日本語でもいけました。ためしにいくつか作成してみました。

▼「泡」で作成
awablank_tradingcard.jpg

泡っぽい感じがするので「泡」という漢字を理解しているのだと思います。

▼「お餅」で作成
mochiblank_tradingcard.jpg

これも「お餅」というイメージを残しつつ、日本の袋菓子のような絵画になっています。

面白いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2022/01/wombodream.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2022/01/wombodream.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2022/01/wombodream.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。