マイクロソフトのクラリティ(clarity)はグーグルアナリティクスと併用するにはベストのアクセス解析かもしれません

ms_clarity_200.jpgマイクロソフトのクラリティ(clarity)というアクセス解析を使い始めました。現在はグーグルアナリティクスがGA3からGA4への移行期間ということもあり、今後使うべきアクセス解析を見直すタイミングです。いろんなアクセス解析を併用してみるのもいいチャレンジだと考えています。
クラリティ(clarity)のよいところは、無料で使えること、設定が簡単なこと、ヒートマップ分析がついていること、レコーディング機能があること、などです。
とくにレコーディング機能は優れていて、これだけでも活用する価値があると思います。まだクラリティ(clarity)を使っていないWEB責任者は試用してみることをおすすめします。

マイクロソフトのクラリティ(clarity)の初期設定はかなり簡単です

マイクロソフトのクラリティ
https://clarity.microsoft.com/

にアクセスして「サインイン」をクリックし、「グーグルにログインする」でログインすると設定が簡単です。

あれよあれよという感じでグーグルアナリティクスと連携し、グーグルタグマネージャにトラッキングコードを自動的に書き込んでくれて、すぐに使えるようになりました。

ms_clarity_setup.jpg

あまりに簡単だったので、設定方法は省略します(笑)

ユーザーの動きを再現するレコーディング機能が優れています

クラリティ(clarity)のよいところは、グーグルアナリティクスとの補完要素が強いところです。無料で使えること以外にも、設定が簡単なこと、ヒートマップ分析がついていること、レコーディング機能があること、などがよいです。
とくにレ コーディング機能は優れています。これだけでも活用する価値があります。

マイクロソフトClarityは、ユーザーのページ閲覧状況をレコーディングして、WEB担当者にその様子を見せてくれるのです。この機能はすごいと思います。

▼レコーディング機能の画面
ms_clarity_rec.jpg

動画で紹介します。 効果音をいれてありますが解説の音声はありませんので、音不要という方は音量を0にしてご覧ください。

▼パソコンユーザーの閲覧状況

▼スマホユーザーの閲覧状況

いずれも4倍速で表示していますのでサクッとご覧いただけます。PCのブラウザの場合はマウスの矢印が表示されますし、スマホの場合はタップした打点が表示されます。ユーザーがどのように閲覧しているのがつぶさにわかります。

ヒートマップ分析もついています

ヒートマップ分析というのは、ユーザーからよく見られている箇所ほど赤く表示するような色をつけることにより、どの部分がよく見られているかを見える化する分析ツールです。閲覧の多い順に、赤→オレンジ→黄色→緑→青と色が変化するのが一般的です。

claritymshm001.jpg

クラリティにはヒートマップ分析もついています。通常、ヒートマップ分析は有料で提供されていることが多く、Ptengine(ピーティエンジン)などの有名どころも無料では機能が限られています。無料でヒートマップ分析も使えるのはありがたいですね。

レコーディングもヒートマップ分析も、UX改善のためにはとても有効な機能です。

ページ改善のための分析をするためには、マイクロソフトのクラリティ(clarity)はとても使えるアクセス解析ですね。当面はグーグルアナリティクスとの併用ですが、ひょっとしたら使いにくいGA4よりクラリティ(clarity)がメインになる可能性もあるかもしれませんね。

グーグルアナリティクス以外のアクセス分析ツールも併用していきましょう

デジタルマーケティングは転換点になっています。

個人情報の問題もあり、ブラウザのサードパーティクッキー取得が制限されていく方向です。グーグルアナリティクスもGA3が来年7月から使えなくなることもあり、GA4への移行(当面は平行計測)も急がれます。

そんななかで、ひとつのアクセス解析しか使っていないというのは危険ですね。ですから、マイクロソフトのクラリティ(clarity)も利用することはとても有効です。

また、これら以外にも、ジューサーDMPやfutomiなどのツールも併用して、デジタルマーケティングの環境変化に対応しやすいよう様子をみておくことも重要かと思います。

ということで参考になりそうな分析ツールを紹介しておきます。

▼ジューサーDMP(JucerDMP)
https://www.dm2.co.jp/2018/03/dmpjuicer.html

▼futomiアクセス解析
https://www.dm2.co.jp/2022/04/futomicgi.html

▼自社サイト以外のサイトでもアクセスの概要を分析
https://www.dm2.co.jp/2015/05/similarweb.html

▼共起語などテキスト分析をする
https://www.dm2.co.jp/2022/03/seotextmining.html

▼月間検索ボリュームを調べるにはキーワードサーファーが便利
https://www.dm2.co.jp/2020/06/keywordsufer.html

▼文章のやさしさを見える化するツール
https://www.dm2.co.jp/2021/07/nihongonanido.html

環境変化が激しい時期ですので、少し視点を広くとらえてあらたな情報を取り入れるのもよいと思います。


この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2022/06/clarity.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2022/06/clarity.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2022/06/clarity.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)

 

レンタルサーバーはどこがいいか

手軽にワードプレスでサイト構築ができるロリポップ
ロリポップ

レンタルサーバーシェアNO1のエックスサーバー
エックスサーバー

当社も利用しているさくらインターネット
さくらインターネット

この3つのレンタルサーバが日本では人気ベスト3のようです。