伝統文化

伝統文化のカテゴリアーカイブ

どもども集中線東京オリンピック2020、いよいよ開幕しましたね。午後8時からの開会式の様子はテレビで見ていましたが、各国の入場シーンでは日本のサブカル色がでていてびっくりしました。
まず最初の入場国ギリシヤのときに流れた音楽はドラゴンクエストのロトのテーマでした。これにはジーンと胸アツになりました。そして、国名のプラカードにはコミックでよく見る集中線が描かれていました。日本のコミックやゲームの文化が表現に使用されていてその多様性にぐっときました。

 →

7月1日は氷室万頭を食べる日金沢および石川県では氷室万頭を7月1日に食べる習慣というか風習があります。江戸時代のころ、加賀藩が徳川幕府に氷室の氷を献上した日が旧暦の6月1日(現在は7月1日)でした。江戸まで無事に氷が届くようにと供えられたのが氷室饅頭で、無事を祈り無病息災を祈る習慣として伝わっています。

 →

門松昨夜がクリスマスイブで今日はクリスマス。明日が土曜日なので、今日で仕事納めという企業もあるようですね。
では、お正月を迎えるイメージが強い門松はいつ飾るのがよいでしょうか?
クリスマスの今日、門松を飾ってあるところを見つけ、「早すぎない?」と思ってしまいました。しかし、日本の風習を調べてみると門松は12月13日以降なら設置OKのようです。12月13日は「松迎え」といい、正月の準備を始めるのに最適な日といわれており、この日に門松を出すところもあるようです。

 →

setubunmame.jpg今日は節分である。もともと節分といえば「季節の始まりを表す日である立春、立夏、立秋、立冬の前日のこと」なので年に4回ある。https://ja.wikipedia.org/wiki/節分
しかし、節分といえば2月の立春の前日のことととらえるのが一般的。春が始まる期待感や旧暦の年末年始など一年の区切りなどの意味もあり、2月の節分は特別な日である。煎り大豆を食べて健康祈願をしよう。

 →

notobigyouwashifuto.jpg能登仁行和紙(のとにぎょうわし)とは能登半島でたった1軒しかない手漉き和紙工房である。石川県輪島市三井町仁行という地区にある。能登仁行和紙の工房は中山間地で小川のほとりにあり、小川にかけられた木の橋を渡ったところにあった。なんと風情ある場所で営んでいるのだろう。初めて来てみたがこのロケーションにはびっくりした。

 →

輪島塗のお椀輪島塗の器は堅牢である。その堅牢さは江戸時代の輪島塗の器が今でも使われるほどの状態で残っていることからもわかる。まさに100年以上使える強度を持っている証明だろう。また、輪島塗は少しくらい傷がついても修復できるので長く使うのなら輪島塗は最適だろう。
しかし、その堅牢な輪島塗の器にも弱点がある。電子レンジや食洗機には弱い。とくに電子レンジは大敵で、輪島塗のお椀を電子レンジにかけてしまうと見るも無残に壊れてしまうようだ。
写真のお椀は電子レンジにかけてしまって漆がはがれてしまった状態のものだ。内部から漆が崩壊しているので修復もできないという。

 →

鈴本演芸場上野駅から不忍池に向かう途中あたり、上野広小路に面したところに鈴本演芸場がある。鈴本演芸場は285席が全席自由席という寄席。東京都内では新宿末広亭と並び、落語を楽しめるところである。落語は気楽に日本の伝統文化を味わえるエンターテインメント。とくに古典落語はネタが同じでも落語家によって演出が違い、その表現の違いの妙がまたおもしろい。今日のトリは最近売れっ子の「きょんきょん」こと柳家喬太郎だった。

 →

組子行灯は富山県の株式会社タニハタが製造平成24年の秋場所は大関日馬富士の全勝優勝で幕を閉じた。優勝力士の日馬富士を表彰し贈呈する賞品のなかに、組子行灯が登場していた。この組子行灯は富山県の株式会社タニハタが「東京都家具工業組合」からの依頼で製作協力、製造に関わっており、社長の谷端氏もNHKテレビの表彰式のときに映っていた。組子は釘を使わず木を組み合わせる技術で、日本の伝統的工芸である。このような晴れの舞台に北陸三国志ネット勉強会のメンバーが登場するのは嬉しい限りである。

 →

木工品の建具工場七尾市の建具工場を見学させてもらった。七尾市には伝統的に田鶴浜町や中島町に建具を作る職人さんが集積している。建具というと住宅部材で、玄関戸や室内のドア、障子や屋内造作、作り付けの家具など幅広い。建具職人さんの技術領域は家具職人や大工さんの領域にかなり近く、手先が器用でなんでもできる多能工である。工場内では丸鋸などを使い木材を丁寧に加工している職人さんの姿があった。

 →

Yaneno輪島市の三井の里「茅葺き庵」は茅葺きの屋根の大きな古民家である。
30度を超える真夏の日に茅葺屋根の点検をしている様子が見えた。茅葺き屋根の古民家は維持管理が大変で、手間と管理コストがかかる。それでも伝統的な日本の原風景を残すためなので、簡単に取り壊すようなことにはしてほしくない。炎天下で作業をする人には「お疲れ様」といいたい。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加