ドラゴンクエスト

ドラゴンクエストのカテゴリアーカイブ

石川県庁にメガモンスターが出現先週リリースしたドラゴンクエストウォーク(通称ドラクエウォーク)というスマホアプリゲームがなかなか面白い。コロプラとスクエアエニクスが共同開発した位置情報ゲームで、ドラクエのRPGゲームという世界観とスマホの位置情報を生かしたソーシャルゲームである。ポケモンGOと比較されるが、ドラクエウォークはRPGストーリーがあり、いい意味で別物のゲームになっているといえるだろう。なにより、ドラクエそのもののファン層が多いため、ドラクエファンの中には初めての位置情報ゲームという方もいるかもしれない。
そのドラクエウォークでは、夕方頃にメガモンスターが出現するのだが、県庁所在地や主要な市役所などに多く出るらしく、金沢市鞍月にある石川県庁に出現した。

 →

dqmslxmas12月も半ばとなるが、北陸は真冬とは思えないほどのよい天気が続いている。すっかりマチはクリスマスモードであるが、「冬物が売れないので雪が降って欲しい」という商売人の声が聞こえてくる。やはり、季節に応じて天候が変化してくれたほうが経済は動くようである。
さて、スマホのゲームもクリスマスムードが高まってきた。ドラゴンクエストシリーズのスマホゲームでDQMSL(ドラクエモンスターズ・スーパーライト)のテレビCMが昨日から放映され、クリスマスのキャンペーンを行なっていることを告げている。

 →

ハローウィンDQMSL今年もハロウィンが過熱しており、市場規模ではバレンタインを超えたようだ。バレンタインの市場規模は約1000億円程度と言われるが、ハロウィンの今年の市場規模は約1200億円。ここ数年で市場規模が倍増している。
もともとハロウィンとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的行事。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。日本のハロウィンは、単なる仮装パーティなどのお祭り騒ぎになっている様相だが、そこに消費をするというトレンドには注目しておきたい。

 →

ドラゴンクエスト1がスマフォでドラゴンクエスト1がスマフォで登場した。今回はスマートフォンのアプリで、Apple版もAndroid版も両方あり、11/28の発表から先着100万名までは無料でダウンロードしてプレイできる。さっそく当日のうちにダウンロードしておいた。Apple版はiPod touchにインストールすると、自動的に同じAppleアカウントのipadにもインストールできていた。Android版はネクサス7でインストールした。少しプレイしてみた感想は、スマフォでのRPGゲームはけっこう適合度が高く、すぐにはまりそうになる。機種ごとの操作感ではiPod touchが一番よかった。画面は小さくとも動きが軽快で横になってゲームするにはこのサイズが一番使いやすいこともある。

 →

3ds_7spotドラクエ7の特別な石版を受け取るにはセブン-イレブンの「7spot」にwifi接続しなければならない。それも単にwifi接続するだけでなく、「任天堂ゾーン」で「7SPOT」を接続しておくことが必要である。つまりセブン-イレブンに行き、「任天堂ゾーン」に接続してから「7spot」のwifiで接続。これで条件が整うので、ドラクエ7を立ちあげてインターネット酒場から「べんりなセブンスポット」という石版をダウンロードできるようになる。

 →

ドラクエ7は2000年に発売されたPS版を3DS版にリメイクして発売されたゲームソフトドラクエ7が3DSで2月7日に発売された。同じ日にOffice2013が発売されているが、個人的にはドラクエ7を3DSで発売されたことのほうが興味深い出来事であった。ドラクエ7は2000年に発売されたPS版を3DS版にリメイクして発売されたゲームソフトである。13年前のこのゲームソフトのリメイクにはポリシーを感じる。ストーリーの一貫性は保ちながらも、ゲーム環境はまったく違い最新のゲーム環境に作り直されている。ストーリーを楽しみながらも、3D視点で新しい見え方が多数あるゲームとしてとてもいい。

 →

ドラクエ7ドラクエ7が任天堂3DSのゲームとして13年ぶりにリメイク発売される。前作のドラクエ7は2000年に初めてのCDROM版としてSONYのプレイステーション版として発売された。ドラクエシリーズは毎回のようにゲーム機のインフラが変わるのが特徴で、昨年発売されたドラクエ10はWii版のオンラインゲームだった。今回のドラクエ7は携帯ゲームとして楽しめるようになっており、前前作のドラクエ9(DS版)のイメージに近く、すれちがい通信などの携帯ゲームならではの機能も多数満載されているようだ。

 →

ドラクエ10バージョンアップドラクエ10が本日8月2日に発売された。ドラクエは人気のRPGゲームで、発売時の時代のゲーム環境の世相を表している。ドラクエ1はファミコンだったが、その後のシリーズ作では、ゲーム機がスーパーファミコン、プレイステーション、プレイステーション2、DS、と、その時代に人気のゲーム機をインフラとして選択している。ドラクエ10のゲーム機はWii。内容的にはほとんどオンラインゲームになっており、インターネットに接続しないとゲームができない。発売日に購入したドラクエ10をWiiで立ちあげても初期設定などに非常に時間がかかる。設定が終わりいよいよスタートのときに、いきなりバージョンアップの画面がでてきた。

 →

すれ違い通信「ドラゴンクエスト9」ルイーダの酒場日曜日の秋葉原。DS持参でヨドバシカメラの前に集まる人たちが多数いる。看板には「すれ違い通信」「ドラゴンクエスト9」「ルイーダの酒場」と書いてある。ここは屋外のルイーダの酒場。ドラクエ9のすれ違い通信で情報交換をしに来る人たちの社交場となっている。レアな宝の地図が人気のようだ。

 →

Masayuki_mapDSの人気ゲームソフト「ドラゴンクエストⅨ(通称ドラクエ9)」に「すれ違い通信」という楽しみ方がある。すれちがい通信は任天堂DSに搭載されている無線LAN機能を活用したもので、DS同士が通信できる距離になると自動的にデータのやりとりを行なうしくみになっている。すれ違い通信では、自分のプロフィールなどの情報をやりとりするのだが、このときに「宝の地図」をもらえる点が人気を博している理由だ。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加