アイフォーン(iphone)、アイポッドタッチ(ipod touch)

アイフォーン(iphone)、アイポッドタッチ(ipod touch)のカテゴリアーカイブ

capcutapp200.jpgCapCutはスマホで動画を編集できるアプリです。iPhoneでもAndroidでも使えます。iMovieだとiPhoneユーザーしか使えないのでその点ではCapCutだとオールマイティで便利です。
昨日のISICOのオンライン動画セミナーでは、iMovieとCapCutの両方を紹介していました。iPhoneにはiMovieが入っていましたが、あえてCapCutをインストールして試用してみました。なかなか使いやすくて便利なアプリだと思いました。

 →

smpadmirai200.jpg日本ではスマホの約半数がiPhoneです。そのiPhoneを提供しているApple社が追跡型広告をブロックするような仕様のOSにアップデートしました。
iOS14.5で実装されたのはATT(AppTrackingTransparency)と呼ばれているアプリのトラッキングに透明性をもたせる機能です。ATTはプライバシーに関する新たなフレームワークで、ユーザーの許可なしに、アプリやウェブサイトを横断したユーザー行動をトラッキングすることが不可能になりました。
ということは、追跡型の広告がうまく表示できなくなるということです。

 →

brabevschrome.jpgAppleのOSがiOS14になってから、iPhoneの標準ブラウザをSafariではなく自分の好きなものに変更できるようになっています。これまでiPhoneではSafariではなくChromeを使用していましたが、どうしても標準ブラウザのSafariを開いてしまう場面があるので辟易していました。
好きなブラウザを標準設定にできるのは便利ですね。さて、その標準ブラウザをChrome(クローム)からBrave(ブレイブ)に変更しました。直接の理由は表示速度が劇的に早いからです。

 →

iphonesered200.jpgこれまで使用していたのはiPhone7です。ホームボタンがあり防水でNFCが使えるという仕様が気に入っていました。なので最新のiPhone11には興味がわきませんでした。むしろ最新アンドロイドに興味があり、セカンドマシンとしてGooglePixel3aを購入し2台使いをしています。
さて、iPhone7はバッテリーの劣化が激しく突然のシャットダウンが起きるようになりました。さすがにこのままでは外出先で使えません。iPhoneはバッテリー交換がとても面倒くさいんですよね。アップルのサイトからiPhoneSE2を買った主な理由はバッテリー交換するより便利だからです。(笑)
iPhone7が黒だったのでiPhoneSE2は赤にしました。

 →

SIMがロックされていますiPhoneに突然「SIMがロックされています」という表示がでた。これは家族が使っているiPhone7だ。昨日iOSを最新版にアップデートしたが、その直後からこの表示が出たらしい。あと3回試行できますという表示の欄に、自分が想定しているパスコードを入力してみたがだめ。このSIMロック解除のコードはiPhoneからロック解除するパスコートとはまったく別のものらしい。試行回数内に解除できない場合はSIMが使用不能になってしまうとのことなので、この画面がでたら慎重に対応しよう。

 →

iphonebatterysuicang.jpg神奈川県の菊名駅の乗り換え改札口で、iPhoneのSuicaがエラー表示になった。エラーになったのは、東急東横線の改札を出て、JR横浜線の改札に入ろうとしたときである。エラー表示は「iPhoneがインターネットに接続していません。安定した通信環境でアプリを起動してください。(エラーコード:N009)」だった。
菊名駅の乗り換えは2018年に改修され直線的になっており、つい数秒前に東急東横線の改札を出たときは問題がなかった。しかも、この段階でメールやフェイスブックなどには接続できているので、インターネットに接続はできていた。

 →

iphone7jetbkusd.jpg遠田のスマホは今でもiPhoneがメイン。我が家は家族全員がiPhoneを利用している。しかし、最新版のiPhoneXを使用している家族はいなくて、ほとんどがiPhone7止まりである。機能的に7で十分だからである。
80歳代の母はこれまでガラケーを使っていたが、契約を見直すことになった。2年後にガラケーが使えなくなり、2年縛りの契約のままでは問題が起きるかもしれないからである。選択肢はいくつかあったが、iPhone7中古+ocnモバイルoneデータ通信SIMで050アプリを使って電話を使うということにした。

 →

iphonememo.jpg今更ながらiPhoneってすごいと思ったのは「メモ」アプリが優秀だったからだ。これまではちょっとした文章をメモとして記録することにしか使ってなかった。しかし、カメラと連動して撮影した画像を上手に保存するには最適なアプリだったことに気づいた。これまで書類を画像で残したいときは、カメラで撮影して画像保存したあとに、ハイライト補正をしたり白っぽっくしたりという加工が必要だった。しかし、このメモアプリだとそれは不要だ。

 →

jyudensenyouiphone.jpg出先でiPhoneの電池が切れそうになったがあいにく専用のライトニングケーブルを持ち合わせていなかった。こんなときは100円ショップになにかあるだろうと入って探してみた。店内には多数のケーブルがあったが、アンドロイド用のUSBケーブルやタイプCなどが多くiPhone用はあまりなかった。そんな中で見つけたのがこれ。「iPhone用充電ケーブル」と表示されている。よく見るとiPhoneに挿す電極のところは片面だけで、通常のライトニングケーブルのようにリバーシブルではない。

 →

phonto200.jpgスマホで撮影した写真に文字入れしたり正方形に加工したりするのに便利なアプリがあった。「phonto」である。iPhoneでもアンドロイドでも使用可能で無料で使える。(一部の機能はアプリ内課金が必要)
このアプリは、先日、夢ミルク館で行われたISICO主催のインスタグラムセミナーで講師の坂田誠氏が紹介してくれたアプリのひとつである。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加