スマートフォン/モバイルデバイス

スマートフォン/モバイルデバイスのカテゴリアーカイブ

Amazon Echo2年ほど前から使用していた「Amazon Echo」。あまりに便利なのでもう1台購入することにしました。これまで利用していたのはEcho Dot (エコードット) 第3世代なので同じ機種をもう一台のつもりでしたが、在庫切れのようで配送が1ヶ月先でした。さすがに1ヶ月待つのはいやだなと思ったら、最新のEcho Dot (エコードット) 第4世代が即納できる状態でした。
そこで、第4世代を注文することにしました。新旧2台はほぼ同じ大きさですが、新製品のほうは球体で音質が少しよくなっていました。

 →

GooglePixel3a(スマホ)のグーグルレンズ1年前から使っているGoogleのスマホ(Pixel3a)。このAI機能ってすごいですね。今さらながらすごく便利なことを実感しました。
気になる英文があったので翻訳しようと思い、英文をスマホで撮影。その撮影した画像をスマホで開き、グーグルレンズのアイコンをタップすると、自動的に画像からテキストを読み取ってくれます。そのうえで、その英文をパソコンにコピーすることもできるし、そのまま英文に翻訳することもできるのです。

 →

googlemapwifi200.jpg自家用車の運転や徒歩で、グーグルマップをナビとして利用している人はずいぶん増えている。難点は、通信量がかさんでしまうことや、電波の不安定なエリアでは地図が表示されないことがある...などである。そんな問題を解決してくれるのが「オフライン地図」の利用である。
事前に地図データをダウンロードしておけば、通信量をほとんど消費せずにオンライン時と同様に地図を表示することができる。経路検索やナビ、スポット検索などもおこなえるのはありがたい。

 →

アクアの走行終了時の表示画像はアクアが走行終了時に表示する数値である。燃費33.1キロ/Lはすごい。走行距離51.1キロ、走行時間1時間4分(64分)という表示もある。
昨日からアンドロイドスマホのGooglePixel3aのSIMをocnモバイルONEにした。一日上限110MB(月間約3GB)まで高速通信できるので日常使いで通信容量オーバーになることはほとんどない。このGooglePixel3aでナビをするとナビ終了時に走行距離や走行時間が表示される。

 →

googlepixel3a.jpgGooglePixel3aが届いた。予約開始日の5月17日に申し込んだら届いたのが5月20日だった。このスマホはSIMフリーで4万円台。購入価格は消費税送料込みで48600円で2ヶ月後にGoogleのポイントで5000円分のバックがある。
昨年、Googleから発売されて話題になったGooglePixel3の弟分である。兄貴分のGooglePixel3は10万円以上高価格帯だったが、弟分のGooglePixel3aは4万円台。ストレージやCPUは少し見劣りするものの、AIカメラの性能はそのままなので十分に使えると判断しての購入である。

 →

amazonechoyoko.jpgAmazon Echo(アマゾンエコー)は人気のAIスピーカー。話しかけるだけで好きな音楽をかけてくれたりボリューム調整をしてくれる賢いスピーカーである。廉価版のエコードット(5980円)がさらに安くなっていて、3240円になっていたこともあり先日購入した。本日、届いたので早速セットアップした。
これはなかなか想像以上の良さである。音も期待していたより、良質で低域もしっかりとしている。小さな部屋ならこれだけで十分の音量がある。

 →

rajikotimefree.jpgRadiko(ラジコ)は全国のラジオ番組をインターネットで聞くことができるWEBサービスである。パソコンでも聴けるが、大多数の方はスマホで聴いているだろう。私もRadikoはスマホやPCで、毎週利用している。とくに毎週必ず聴いているのが日曜日午後2時からのFM番組「山下達郎のサンデーソングブック」である。その時間帯どうしても聴けないことがあるため、毎週録音しているが、ときどき録音がうまくいかなくてがっかりすることがあった。
しかし、Radikoのタイムフリーというサービスを使うと、過去1週間に放映された番組を聴くことができるのである。これは便利な機能である。早速、少し聴き逃した部分をRadikoのタイムフリーで聴いてみた。

 →

soba200.jpgいろんなWEBサイトのアクセス解析を見ているが、PCよりもスマホのほうが閲覧が多いのが普通になった。今や、WEBサイトは「PCで見るよりもスマホで見る」ことを前提に作成しなければならない。また、WEBサイトで表示する画像には文字を入れたほうがよい。理由は、スマホでは「チラ見」する傾向が強いからである。スマホでは本文の文章は精読されにくいが、画像は目にとまりやすく見てもらえる確率が上がる。だから、画像に文字を入れたほうがよい。では、画像に組み込む文字サイズはどのようなサイズがいいのだろうか?

 →

pokemongo.jpgスマホ向けアプリゲームの『Pokémon GO(以下ポケモンGO)』が世界ですごいことになっている。ポケモンGOは位置情報を活用することにより、現実世界を舞台にしてポケモンを捕まえたりバトルしたりできるゲームだ。先行発売しているアメリカでは人気爆発のようだ。すでにアプリ内課金で1日当たり約160万ドル(約1億6700万円)の収益を上げているという。任天堂の株価も急上昇している。
ゲームを利用している人たちは、街や海や山にはポケモンをつかまえようと繰り出している。崖から落ちたり、人と人がぶつかったりと危険なシーンも頻発しているようだ。

 →

デジタル家電の売上が減少傾向にデジタル家電の売上が減少傾向が顕著になった。アメリカの民生技術協会CTA(昨年11月に全米家電協会CEAが名称変更している)の発表によると「世界のデジタル家電の2015年売上は9690億ドル(約116兆円)で、2014年に比較すると8%の減少」だという。この大幅な減少の理由は、スマートホンの単価下落や中国の景気後退など。デジタル家電の売上の約半分はスマホとタブレット。これまでスマホは台数増加がここ数年二桁成長で市場を牽引してきたが昨年は7%成長にとどまり、平均単価も2%減少。スマホ以上にタブレットは減少が著しく、台数も単価も減少している。このデジタル家電の減少傾向は2016年も続く見込みだという。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加