中小企業施策/補助金や支援機関

中小企業施策/補助金や支援機関のカテゴリアーカイブ

jigyousaikouchikihojyokin2kaimesaitaku200.jpg事業再構築補助金2回めの採択結果発表が9月2日にありました。前回(1回め)の発表が6月18日でしたので、2ヶ月半ぶりの発表になります。
要件を満たした申請件数が18,333で、採択が9,336でしたので採択率は50.9%。なんと採択率が5割を超えているんですね、これには驚きました。事業再構築補助金は補助金額が大きい割に、けっこう広き門になっているようです。年度内にまだ募集の機会がありますので、これから申請しようという事業者さんにはチャンスですね。

 →

能登空港久しぶりに能登空港の建物に来ました。たまたま東京からの午前の飛行機が到着する直前というタイミングだったので、展望ルームから見学しました。
飛行機は滑走路に到着してから、ターミナルのほんとすぐ近くまで自走してくるんですね。こんなに近くまで飛行機が近づいてくるなんて知りませんでした。

 →

jigyousaikouchikuhojyokin200.jpg今年度注目の大きな補助金「事業再構築補助金」の一次募集について、採択結果が6月18日に発表がありました。一時的に「jigyou-saikouchiku.jp」の専用ホームページがダウンするくらいだったということですから、各方面からの注目度が高いことがわかります。
当社としては直接補助金申請に関与した案件はありませんが、間接的にはさまざまな影響がありそうですので、採択結果を調べました。

 →

sinbunyacgishikawa20210521200.jpg石川県から新たな補助金が発表されました。
「経営基盤の強化に向けて、新規事業への進出や事業転換などに果敢に挑戦し、コロナ時代を乗り越えようとする前向きな中小企業等を支援します!」
ということで、対象は新分野や新ビジネスに取り組む中小企業者です。補助額の上限が100万円で、補助率2/3なので、ちょっとしたチャレンジのために使うには適していそうな補助金です。

 →

ilgjp210509200.jpg石川県は5月9日に「緊急事態宣言」を発出しました。これは5月7日に発出した「非常事態宣言」をさらに強化した強い要請内容になっています。期間は5月31日まで。
県民には20時以降の外出を控え、飲食店等に対しては時短営業を要請する内容になっています。また、石川県が運営する施設である、いしかわ動物園、のとじま水族館、兼六園などは閉園および閉館。県内の市町村にも同様の措置を求める内容になっています。

 →

石川県に非常事態宣言5月7日、石川県から非常事態宣言が発出されました。4月に入り新型コロナウイルス感染症の感染者が増加しています。5月の大型連休期間中に感染者数が急増したことにより病床確保や一般医療の提供が危機的な状況だということが理由のようです。
5月25日までは、金沢市内を中心に飲食店の営業時間短縮やイベントの自粛などが要請されています。
この日、政府としても緊急事態宣言について、6都府県に拡大し、5月31日まで期間延長が発表されています。

 →

ISICOのデジタル化設備導入支援事業石川県で独自のDX補助金が発表されました。事業主体はISICO(石川県産業創出支援機構)で、補助金上限が600万円とかなり大きな補助額です。今話題になっている国の事業再構築補助金は補助金上限が1億円と大きいのですが、現実問題として中小企業者には扱いにくい補助金です。
一方、このISICOのデジタル化設備導入支援事業(DX補助金と遠田は呼ぶことにしています)は、中小企業者や小規模事業者がビジネスの変革に挑戦するなら、かなり適合性が高いよい補助金だと思います。補助金対象は設備導入やシステム導入なので中小企業のDX対応を力強く支援してくれます。

 →

jigyou-saikouchikujp200.jpg事業再構築補助金は今年新設された大型の補助金です。ウイズコロナおよびポストコロナ時代という、新しい変化の時代に対応するために中小企業が思い切った事業再構築をすることを支援するものです。
業態変更や新事業など、かなり思い切った戦略の事業計画でないと認定されない可能性がありますが、補助金額の上限が6000万円~1億円とものすごく大きいので、この機会に挑戦しようという中小企業者には朗報ですね。

 →

t119200.jpg令和3年4月から「中小企業119」という新制度がスタートします。これは国(中小企業庁)が実施している中小企業支援制度である「ミラサポ」を廃止し、その後のあらたなしくみになります。
中小企業119は、国からの委託を受けて制度を運営するのはパソナで、各都道府県の支援機関と連携するので、構造的にはミラサポと同じです。なので、新制度である中小企業119でも中小企業に対して専門家派遣をする大きな柱は変わらないはずです。
もっとも大きな違いは、運用するシステムがセールスフォースをやめてLINEになるということです。この仕様変更には驚きました。

 →

大雪警報北陸は超大型低気圧で大雪警報がでました。JR七尾線は朝から終日運休となりました。国道も降雪と低気温により、夕方には凍結しており自動車はノロノロ運転でした。
そして菅総理より緊急事態宣言が発出されました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続いているからです。対象は一都三県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)ですが、大阪府や愛知県などにも対象が広がりそうな気配があります。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加