フォント(font)

フォント(font)のカテゴリアーカイブ

手書き風フォント3種をインストール手書き風フォントを試してみた。通常はあまり使わないが、商用印刷物を作成するときに手書き風フォントはとても有効だからだ。DMやチラシ・フライヤーでは手書き文字のほうが印象がよいことが多い。とくにヒトケを出したい場合に手書き文字は絶大な効果がある。もちろん、自分自身が手書きした文字が最高だ。しかし、誰でも「いい手書き文字」を書けるわけではない。そこで、「手書き風フォント」の出番である。手書き風フォントを使うと、手書き風の文字で表現することができ、文字サイズやフォント種類の変更も自由にできるのでとっても便利である。

 →

ClearTypeウインドウズパソコンの画面で、文字が汚れた(霞んだというか、滲んだというか)ように見えることがある。同じ機種のパソコンで同じ設定をしても、画面の文字の汚れがどうにも直らない...。まったく同じ機種のパナソニックのノートパソコンだが、1台だけメイリオフォントの表示が汚れたように見えていてブラウザやメールソフトのフォント設定を変更しても直らないのである。
そんなときはClearTypeの設定を見てみよう。ClearTypeはマイクロソフトが開発したフォントのスムージング技術のひとつで、今はウインドウズで標準となっているフォントの表示方法である。ウインドウズXPから導入された技術で、メイリオフォントが実装されたウインドウズVista以降は「ClearTypeがオン」になっているのが標準である。この調整をすると文字の表示がキレイになることがある。実際、文字表示が汚れて見えたパソコンはClearTypeがオフ」になっていたため、オンに切り替え調整したところ文字表示が断然にキレイになった。

 →

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)