朝日と夕日

朝日と夕日のカテゴリアーカイブ

金沢では大きな虹昨日の夕暮れ時、金沢では大きな虹がかかっていました。フェイスブックやTwitterなど、SNSでも虹の写真が多かったです。一日前だと満月の写真が多かったのですがこの日は虹でした。
ダブルレインボーになっていたようですね。遠田は山側環状線を走行している途中で見ることができました。ちょうどドライブレコーダーのSDメモリーカードの警告がでていたのでチェックするさいに動画を見たら、ちゃんとSDカードには記録されていました。

 →

徳光海岸の夕日秋分の日を過ぎ、朝夕はめっきり秋らしさを感じる。とくに夕日の時間は情緒あふれる。日本海に沈む夕日は美しいなとしみじみ感じる。
北陸高速道路の徳光PAは夕日撮影の絶好のスポットである。今日も2階の展望台には多数の人が夕日をスマホで撮影していた。今日は、先日から使い出しているios8のタイムラプス撮影で夕日を撮影してみた。タイムラプス撮影で約30分、夕日が沈むまでの間を撮影すると約30秒の動画に転換される。タイムラプス撮影は、静止画撮影した写真をコマ送りのように組み合わせて動画に仕立てるので、もともとは静止画である。だから動画にしても静止画品質で美しいのだろう。

 →

高松海岸の夕日石川県に住んでいると日本海側の夕日が美しいことが気付かずにいるときがある。日本では夕日というと海に沈むよりも山や陸地に沈むと感じる人が大多数だそうだ。だから、海に沈む夕日ということにはとても価値がある。しかも日本海側の夕日は本当に美しいと思う。
今日はいい天気だった。のと里山海道を走り、高松ICあたりで夕日の時を迎えた。少し寄り道をして、高松海岸の夕日を眺めた。日本海側に沈む夕日はそこはかとなく美しい。のと里山海道の高松ICから数秒で絶景ポイントに出ることができるというロケーションは、とても贅沢でありがたいことである。すべてに感謝を感じる夕日だった。

 →

暑さ寒さも彼岸まで連日の猛暑でお盆(旧盆の8月15日)を迎えた。石川県は今日が今年一番の猛暑だった。県内は35度を超える猛暑となり、あちこちで36度台まで気温が上昇した。先般、四国の四万十では40度台が4日も続いたというから、どれほど暑かったのか。これだけ暑い日が続くと農作物や生態系への影響が心配である。

 →

のと里山海道の高松インターチェンジを降りると夕陽の絶景スポット 太陽を釣っている男が高松ICの砂浜にいた。まるでそのように見える光景がそこにあった。のと里山海道の高松インターチェンジを降りると夕陽の絶景スポットがある。
高松ICは先月に無料化されたばかりの「のと里山海道」の主要なインターチェンジのひとつ。インターチェンジを降りてすぐ海側に向かうとほんの数秒で波打ち際まで出ることができる。日本海側でこれほど夕陽に近いインターチェンジは珍しいだろう。今日の夕陽は恋人たちではなく、全員おじさんたちが見つめていたのが、なんとも黄昏を感じた。自分もおじさんであるが。

 →

Chirihamasunset 石川県羽咋市の千里浜海岸は長い砂浜で車で走ることができる渚ドライブウエイになっている。その千里浜で見た今日の夕日は美しかった。金環日食の次の日に千里浜で見た夕日はオレンジ色だった。

 →

立山連峰から朝日が登る能登内浦地区は石川県能登半島の東側で日本地図では右側に位置している。そのため夕日は海のほうではなく陸地のほうに沈み、朝日は海のほうから登る。空気が冷えているこの時期は海の向こうに立山連峰が見える。その立山連峰から朝日が登ってくる。海と山と太陽が織り成すドラマチックな朝焼け時はとても美しい優雅な時間だ。

 →

朝日は宝達山のほうから登ってくる 日本海側の地域では、夕日は海に沈み、朝日は地平線から登る。遠田が住んでいるかほく市では、朝日は宝達山のほうから登ってくる。夜明け前の東の空は下の方からピンク色が濃く染まっていて、上にむけてブルーのグラデーションがかかっている。
日の出は太陽の上縁が地平線から顔を出した時といわれているが、実際には山があるので太陽の姿を見るには山の高さを登る時間だけプラスして待つことになる。

 →

日の入り 日の入りとは夕方に太陽が沈み水平線や地平線から見えなくなること。日の入りというよりも日没というほうが一般的だが、日の入りのほうが情緒を感じる言葉だ。日の入りは、太陽の上縁が水平線や地平線から隠れる時とされており、太陽が完全に見えなくなる時のことである。太平洋側では地平線に沈むが日本海側では水平線に夕日が沈む。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加