石川県のこと

石川県のことのカテゴリアーカイブ

期日前投票石川県知事選挙は3月13日(日)です。候補者が5人いますが、保守系新人の3人の争いが激化していますね。私は本日夕方に、かほく市役所横にある期日前投票所にて期日前投票をすませてきました。
ところで、期日前って「きじつまえ」なのか「きじつぜん」なのか、どっちが正解なんでしょうか?
これまで私は「きじつぜん」だと思ってましたが、放送など音声では「きじつまえ」という言い方のほうが多いので、あれれ本当はどっちなんだろうと気になっていました。
調べてみると法令用語では「きじつぜん」ですが、総務省は一般用語としては「きじつまえ」でもかまわないということなので、放送局などではわかりやすさを優先して「きじつまえ」というようになったらしいです。

 →

小春日和石川県は小春日和の日が続いています。昨日も今日も最高気温が20度を超えるポカポカ陽気でした。明日以降も同じような天気が続きそうです。どうなっているんでしょうかというくらい暖かい日です。
晩秋から初冬に向かうこの時期に、まるで春のように暖かいこのような日のことを小春日和(こはるびより)といいます。アメリカでは小春日和のような天気のことをインディアン・サマーというようです。春だったり夏だったりという言葉が入りますが、季節は確実に秋から冬に向かっています。

 →

ishikawakenrissyun.jpg遠田が住んでいる石川県平野部では雪が積もらないまま立春を迎えた。今日もいい天気で日中はポカポカと日差しがあり、本当に春の日のようである。
これまでの北陸地方の天候といえば立春といえども厳寒期で積雪量がもっとも多いくらいの時期である。金沢気象台のデータでも平年の最低気温を記録するのは2月1日前後であり、バレンタインデーあたりまでは寒い日が続くというのが過去の例である。この冬はあまりにも暖かくて拍子抜けしたくらい。このまま北陸は積雪無しで春になるのだろうか。

 →

キリン石川づくりキリンビール47都道府県の一番搾りは各県でしか販売されていない。遠田は地元が石川県なので石川づくりは何度かいただいたいことがある。写真は本日いただいた一番搾りの石川づくり中瓶をグラスに注いだもの。石川づくりは缶ビールでも購入したことがある。
しかし、隣県の福井づくりと富山づくりは石川県内の酒屋やスーパー、ドラッグストアなどで見かけることがなかった。知人のリクエストで「北陸三県の一番搾りを飲んでみたい」といわれ、遅まきながら三県分の一番搾りを買い揃えてみた。石川づくりは近所の店で、福井づくりは福井市内の店で、富山づくりは高岡市内の店で購入した。

 →

金沢駅西口から見えるパークビル石川県では未明から雪模様で朝にはうっすらと雪が積もっていた。遠田の自宅があるかほく市では5センチ程度積もっていた。しかし日中はいい天気で昼には快晴となり、雪はすっかりと融けてしまった。
写真は金沢駅の西口から見える県庁方面の方角。正面に見える鏡張りのような建物は金沢パークビルである。金沢駅にはまったく雪はなく、地面も乾いており、まるで春のような風景になっている。今朝の雪が、この冬最後のなごり雪になってくれればありがたい。

 →

何色かわからない信号機石川県庁のすぐ近くにある交差点で信号待ちをしていた時だ。何台か停車している車の後ろについたのだが、信号の色がまったくわからない。どうやら夕日の日差しが信号機のライト内の反射しているようで、赤も黄色も青もすべてのランプが点灯しているように見える。(信号待ちで撮った写真あり)
この状況だと信号が青に変わっても、そのことがわからないため発車できない。たまたま先頭ではなかったので幸いしたが、この現象には驚いた。青になったようで車の列が動き出すと、少し角度が変わり、信号が青に変化していることがわかった。おそらく本当にドンピシャリの角度のときだけ起こる現象なのだろう。

 →

アイバードの桜ここ数日は寒波の影響で寒い日が続いていた。昨日は東京でも雪が降るなど全国的に冷え込んでいるようだ。石川県では3月末に開花した桜の見頃もそろそろ終盤。金沢市の兼六園は花見時期は無料開園を行っているが、今年は4月4(土)日から12日(日)で、あと数日となった。
今日はやっと春らしい天候になった。まだ空気は少し冷たいが温かい春の日差しのもとで見る桜はすがすがしい。行く先々で美しく咲いている桜を見るとあらためて春本番を感じた。

 →

雪の横山駅雪が積もった朝だった。早朝、自宅を後にして徒歩でJR横山駅に来た。JR七尾線に乗って金沢駅に。そして金沢駅からは、はくたか5号に乗り換え、越後湯沢経由で東京に行くためだ。ちょうど1か月後の3月14日に北陸新幹線が開業する。北陸新幹線は金沢と東京が乗り換えなしで直通になる。最速のかがやきなら金沢-東京間は2時間28分。飛行機に比べるとそれほど早くないが、陸路であることと、大宮駅、上野駅、東京駅など首都圏の主要駅に直通になることは大きい。東京への出張はそれほど多くないので、北陸新幹線開業前のほくほく線経由はくたかに乗るのは今日が最後になるかもしれない。

 →

11階には共有の休憩スペース石川県庁11階には共有の休憩スペースがある。11階は会議室がずらりと並んだ階だからかもしれない。誰でも使えるし自販機もテーブルもあるのでちょっとしたノマド・ワークスもできる。12階までの広い吹き抜けになっており開放的な空間だ。意外に静かで人もそれほど来ないので集中できる。あいにく今日は雨模様だが、天気の良い日はさぞかし気分良い空間になるだろう。
待ち時間のちょっとしたときにここでノートパソコンを広げて仕事ができたりするのはなかなかいいものである。

 →

焼きいなりを徳光PAで購入「焼きいなり」とは焼いた油揚げに寿司飯をたっぷり詰めたでっかい稲荷寿司だ。こんがりとおこげがついた油揚げに少し濃い目の味付けの寿司飯がたっぷり入っている。焼きいなりの特長はなんといっても焦げ目がついた分厚く大きな油揚げだ。山下ミツ商店の特製の油揚げを使い、旨味だしに一晩漬け込んでいるので、油揚げだけでもおいしい。ひとつ食べればかなりお腹がふくれるボリューム感もうれしい。以前、空弁でブームになったときは入手困難だったが、今では並ばずに買えるようになっている。北陸高速道路の徳光PA(下り)で購入した。

 →

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)