クレジット決済/キャッシュレス決済

クレジット決済/キャッシュレス決済のカテゴリアーカイブ

poketcardkaiyaku200.jpgポケットカードを解約しました。数年前までは使っていたのですが、最近は利用していなかったカードです。年会費が無料だったはずなので、いちおう手元においていたのですが、通帳を見たら年会費として1100円が引き落とされていたことに気づきました。調べてみると、年会費は無料ではありませんでした。

入会初年度無料。2年目以降は前年度にカードのご利用があれば無料となります

利用していたときは年会費がかからなかったのですが、利用しなくなったため年会費が引き落とされたみたいです。

 →

paypaybns1nengo200.jpgPayPayのボーナス運用を始めたのは2020年9月1日でした。ちょうどマイナポイントのサービス開始がこの日で、2万円チャージしたら5000円分のポイントが付与されました。このときから、PayPayで獲得したポイントはすべてボーナス運用していました。普通に1年利用したら、どれくらい増減するのかを身をもって体験してみようと思ったわけです。
成果は上々でした。
なんと+72.57%という運用結果でした。

 →

yumemilksoft20210818200.jpg昨日から始まったLINEPayの支払い方法拡張ですが、昨日はうまくできませんでした。今日は夢ミルク館で試したところうまくできました。
夢ミルク館はソフトクリームがおいしいという評判で夏休み期間中はとてもたくさんの人達が訪れます。ホリ牧場直営という牧場のイメージもあって、ヤギや馬やうさぎなどもいて、ちょっとした動物園的なワンダーランドになっています。夢ミルク館の営業時間は夕方の17時までなのですが、お店に着いたのが17時。それでもけっこうたくさんのお客様がいて、ソフトクリームも買うことができました。時間外だったのに対応してくれた堀和美店長さんには感謝です。

 →

LINEPay今日からLINEPayでPayPayのQR画像読み取り支払いが可能になります。LINEの利用者としては支払い可能なお店が増えるので便利ですね。また店舗側としても特別な準備が必要ありません。店頭にLINEPayのQRコード画像のスタンドがある場合は撤去するくらいですね。
しかし、本日、複数の店で支払いを試してみましたが、いまのところLINEPayではうまく支払いができませんでした。

 →

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の新しいトークンPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の新しいトークンが届きました。これまでのキーホルダー型は2021年11月で期限切れになる予定だったので少し余裕をもって送られてきたようです。
新しいトークンは薄いカード型でした。これまでのキーホルダー型のトークンはジャパンネット銀行のイメージが強かったので、物理的に形状が変わることでジャパンネット銀行からPayPay銀行というように脳内のイメージも書き換えられていくのでしょうね。

 →

paypay20pkangen200.jpgなんと20%還元なので2000円バックでした。これは七尾市の西田酒店でワイン4本1万円セットをペイペイで支払ったときの還元です。
実は、七尾市は「七尾キャッシュレス決済プレミアムポイント事業」というのを6月1日から実施しています。七尾市内の該当店舗で買うのなら七尾市民以外でも適用されるということです。1万円の購入上限ですが、最高で5回(合計5万円)の購入に適用されるそうです。なので、最高でのリターンはなんと1万円ですね。これはすごい。

 →

linepay店舗側の手数料LINEPayとPayPayはこれまで店舗側の決済手数料を0円としていましたが、その期限を2021年9月30日までにするという発表がありました。つまり、2021年10月1日から手数料が有料になるということです。Pay払いを導入し採用している店舗としては「手数料が無料だからという理由で使い始めたのに」と反発もあるかもしれませんね。
ですが、その手数料がいくらになるのかについてはまだ決まっていないようです。このコロナ禍で社会が激変している中、ソフトバンクは状況を見極めようとしているのかもしれません。

 →

paypaybank200.jpgジャパンネット銀行が社名変更してペイペイ銀行になりました。当社としては2000年創業以来利用してきた銀行なので、社名が変わってしまうのがなんだかさみしいです。それにペイペイ銀行って名前はなんだか安っぽいし軽くなったみたいな印象があります。
それでも、キャッシュレス決済のペイペイ(PayPay)と同じ記入サービス会社ということがわかりやすかったりするのはメリットですね。同様にペイペイ証券もすでに社名変更していて、ヤフーグループの金融サービスはほとんどペイペイという名称になるようです。

 →

kyuyogenkinpay200.jpgキャッシュレス決済が4月以降に急展開しそうです。給与払いがデジタル払い解禁になるからです。この制度改定により、LINEPay、PayPay、楽天Payなどの、いわゆるスマホPayの口座に給与振込してもらうことができるようになります。
これまで給与は現金払いが原則でした。現金払いというのは、労働基準法で定められています。普及している銀行振込は「例外規定」として認められていました。4月からはスマホPayなどのデジタル払いも例外規定に追加されるということです。

 →

nttcardetchenkou2021200.jpg当社が法人で利用していたNTTのクレジットカードがNTTグループカードからNTTBizカードに変更になりました。なんだか大きな変更のようで、サービス内容もかなり変わりましたしカード番号も変更になりました。高速道路で利用するETCカードも新しい番号のものが届いていたのでセッテイングしました。
さて、クレジットカードの番号が変わるというのはけっこうたいへんで、サブスクで支払っているサービス料金などの登録を変更しなくてはいけません。

 →

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)