レンタルサーバー

レンタルサーバーのカテゴリアーカイブ

sakuranewsv200image3.jpg当社も利用しているさくらインターネットのレンタルサーバが大幅な機能強化を昨日発表しました。利用料金はそのままなのに、最大5倍の高速化、サーバー容量も大幅増加。プレミアムなら200GBが400GBと倍増で、スタンダードなら100GBが300GBなので3倍になります。ストレージもオールSSDになるということなので確実に表示高速化されます。
これまで同等クラスのレンタルサーバー(エックスサーバーなど)と比較すると遅いと言われることがありましたが、この高速化された新サーバーなら同等以上になるのではないかと期待しています。

 →

coreservergmo200.jpg長年Coreserverを利用していましたが利用を中止することにしました。理由はいくつかありますが、大きなきっかけになったのは最近のサーバーPHP汚染事件です。他の事業者さんのフォローのためにサーバーのチェックをすることが増えたのですが、不正侵入の原因として普段あまりメンテナンスしていないという共通点があります。
自分自身にも思い当たります。複数のサーバーを運用していますが、メインとなっているさくらインターネットは毎日のように何らかの接触はありますが、そうでもないサブのレンタルサーバーにはほとんど接触していません。これじゃいかんなと反省し、使わないサーバーは利用停止することにしました。

 →

wordpress-5-3-php-benchmarks.jpgPHPのバージョン管理ってどうしていますか?
ホームページやブログを運用している企業や個人にとって、なんらかのレンタルサーバを契約していると思いますが、必ず使われているのがPHPで、現状のPHPの最新バージョンは7.4です。
PHPとは、オープンソースのプログラム言語でWEBサーバで使われています。WEBページを動的生成(ダイナミック)で構築できるのが特徴で、主にWordPress(ワードプレス)を稼働させるために使うプログラムだと思えばいいでしょう。
このようにPHPは、なくてはならないくらい重要なのですが、エンジニアでもない一般ユーザーはバージョン管理にはあまり興味がないのが現実です。

 →

hdftpcopy.jpg先週の北海道地震後の停電でレンタルサーバが止まるかもしれないという問題に直面。さくらインターネットの石狩データセンターは自家発電などで窮地を脱したが、やはり自分自身のデータバックアップは重要である。FTPでサーバから重要データをダウンロードし、そのうえでパソコンのデータを外付けHDDにもバックアップしておくことにした。

 →

ishikaridcsakura.jpg北海道に震度7の大地震が起き甚大な被害が発生した。北海道内は大規模な停電や断水で生活者に大きな影響がでている。一刻でも早い復旧を祈りたい。
さて、実は北海道にはDC(データセンター)といわれているインターネットのサーバを集中管理しているところが多数ある。地震発生直後から北海道電力の電力供給が止まり自家発電に切り替えて稼働させているようだ。自家発電に使う重油は2日分程度の備蓄はあるそうだが、今回の大規模停電の復旧には少なくとも1週間はかかるといわれており心配な状況になっている。
(写真はさくらインターネットの石狩データセンター)

 →

GTmetrixホームページの表示速度測定をしてみよう。あまりに表示速度が遅いようならなんらかの対策が必要である。表示速度が遅いとホームページを閲覧してくれているユーザーの満足度が低下するだけでなく、Googleからの評価も低下し検索順位の低下が懸念されるからである。
ホームページ(レンタルサーバー)の表示速度測定をしてくれるWEBサービスはいくつかあるようだが、ここでは「http://gtmetrix.com」を使って測定してみた。

 →

Cyberduck Libre FTP, SFTPFTPソフトにFFFTPを使っているユーザーは今でもかなり多いはずだ。FTPソフトはレンタルサーバとのファイル転送のために必須のソフト。中でもFFFTPはウィンドウズのフリーソフトのFTPとして安定して稼働してきた事実上のスタンダードなFTPソフトだった。しかし、FFFTPの作者は2011年に開発を終了した。(長い間ほんとうにありがとう、作者には感謝である)
その後はFFFTPのファンなど有志により継続して開発が続けられているものの環境変化は著しい。とくにセキュリティ上の問題の対応が急務となった。FTP接続は暗号化を標準にしたり、OSもウィンドウズのシェア低下やOSもxp終了など多様化したり、WEB環境は大きく変化している。今でもFFFTPはセキュリティ問題に対応しているので使い続けることができるが、接続が遅くイライラするという場合は他のFTPソフトを試してみてはどうだろう。ここでは「Cyberduck(サイバーダック)」というFTPソフトを紹介する。

 →

CGI動作のクセ今日はCGI設定にあけくれたが、結局納得がいく成果が得られなかった。稼働させたかったCGIは「RSSI.cgi」で、他のブログのindex.rdfなどのRSSデータを読み取って自分のWEBサイトの内部に表示させるSSI型のCGIである。ジャバスクリプト型と違いindexソース内に読まれるのでSEO効果が高いため、できるだけ利用を推奨している。
しかし、OCNサーバのSSI設定が思うようにいかない。SSIそのものは稼働するし、いくつかのテストCGIは動作するのだが「RSSI.cgi」はうまく稼働してくれなかった。

 →

UsrbinperlレンタルサーバのCGI設定は一昔前に比べるとずいぶんと楽になったが、その分初歩的な問題で悩むことがある。CGIの行頭には「#!/usr/local/bin/perl」と記述されていることが多いが、サーバによっては「#/usr/bin/perl/」でないと動かないことがある。実は、サーバーカウボーイがそうだった。

 →

サーバーカウボーイファーストサーバが7/27にサービス開始した「サーバーカウボーイ」のレンタルサーバーがすごい。50GBの大容量なのに低価格!なんと年間払いで4992円(月額でなく年額なのがすごい、月額だと400円ちょっとの計算)。
さらに、MTOSやワードプレス、xoopsなどの簡単インストール機能がついていたり、共有SSLがついていたり、WEB管理画面が充実していたりして、かなり高機能だ。独自ドメイン取得サービスも同時にやっているが、今ならキャンペーン中で「.com」「.net」などのドメインは年間1800円のところが半額の900円でOK。どうしてこんなに安くサービス提供できるのか不思議なので、1本契約してみた。取得したドメインは「twiky.net」だ。

 →

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)