ワードプレス(WordPress)が5.9にアップデート、よりブロック編集の特徴が強くなっています

wordpress59update200.jpgワードプレス(WordPress)のアップデート案内が1月26日に来ていました。5.83から5.9というちょっと大きめな更新のようで、自動更新にはなりませんでした。手動での更新が必要なようです。
今回のWordPress5.9はブロック編集がより強化されたような感じになっています。初心者でも使いやすいようにという方向に進んでいるようで、ユーザーインターフェイスがJIMDOやWIXを意識しているように感じます。

WordPress5.9の特徴はブロック編集

ブロック編集は初心者にはわかりやすいしくみかもしれませんね。

しかし、ずっとこれまでワードプレスを使い続けているユーザーにとっては、あまり使わない機能ではないでしょうか。ブロック編集を使わないユーザーはそのためにいくつかのプラグインを入れないといけなくなっています。

wordpress59update.jpg

結果的に、ブロック編集を抑制するために「クラシックエディター(ClassicEditor)」と「クラシックウィジェット(ClassicWidgets)」というプラグインを入れて、旧の編集画面に戻すための処理が必要になっていますね。

blockeditorwpclassic.jpg

実際に、上記の2つのプラグインのインストール数がすごいです。プラグインの新規追加をクリックすると、「クラシックエディター(ClassicEditor)」と「クラシックウィジェット(ClassicWidgets)」が上位に並んで表示されていました。

plaginnautoupdate640.jpg

プラグインも自動アップデートするように「自動更新を有効化」にしておきました。

ワードプレスのリリース情報
https://ja.wordpress.org/download/releases/

WordPress5.9は当初昨年12月にリリースされる予定でしたが実際には2022年の1月26日になっていました。

ブロック機能を使わないユーザーのために、ブロック機能の停止にはプラグインではなく、標準機能としてブロックエディタとクラシックエディタを切り替えできるようにしてくれたほうがありがたいですね。


この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2022/01/wordpress59.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2022/01/wordpress59.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2022/01/wordpress59.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)

 

レンタルサーバーはどこがいいか

手軽にワードプレスでサイト構築ができるロリポップ
ロリポップ

レンタルサーバーシェアNO1のエックスサーバー
エックスサーバー

当社も利用しているさくらインターネット
さくらインターネット

この3つのレンタルサーバが日本では人気ベスト3のようです。