ツイッター(Twitter)にPro(プロ)というビジネス向きのアカウント種類が選択できるようになりました

twipro20020211104.jpg日本人がよく使うSNSの代表であるツイッター(Twitter)ですが、Pro(プロ)というビジネス向きのアカウント種類が選択できるようになりました。これは先月からアメリカで先行していた「Twitter for Professionals」というサービスの日本語版です。
Twitterアカウントの種類として、企業やブランドを表す「ビジネス」、有名人やインフルエンサーなどを表す「クリエイター」を選べるようになります。これまでは個人用のアカウントしかなかったので、企業公式のアカウントを利用している場合はProを選択することで、個人アカウントと差別化できますね。

「TwitterPro」が選択できるアカウントには前提条件があります

では、誰でもTwitterでProを選択できるかというと、そうではありません。一定の条件をクリアしていないとProへの切り替えはできません。

▼「Proに切り替え」という選択肢があるアカウントとないアカウント
twipro20211104.jpg

プロフィール編集の画面に「Proに切り替え」という選択肢が表示されているかどうかが大きなポイントです。

上記の画像では、左のアカウントは「Proに切り替え」を選択できますが、右のアカウントでは「Proに切り替え」の選択肢が表示されていないので、Proに切り替えることはできません。

左のアカウントではWEBサイトの表示や生年月日の表示はしていませんが、Twitterからは発言内容から企業用として利用しているアカウントだと判断したのではないかと思われます。このアカウントは割と特定の業界の情報を収集したり発信したりしており、個人的なことの発信はしていませんでした。ただし、Proを選択して追記していく段になると追加情報が必須になるようです。

ちなみに、右のアカウントは遠田幹雄のアカウントで、Proにはなれないようです。今後も個人としてTwitterを利用していくことにします。

TwitterのProアカウントについて
https://business.twitter.com/ja/help/account-setup/professional-accounts.html

詳しくは上記の内容をご覧になってみてください。

Proアカウントは職業を選択できますが選択は慎重に

twiprokokuou20211104.jpg

Proアカウントにすると職業の選択もできるようになります。なかには悪ふざけで「国王」を名乗っているアカウントもあるようですが、あまりに不真面目だとペナルティもあるようです。上記の画像は職業を「国王」にしたら元に戻せなくなったというツイートです。おもしろいですが、ここは真面目にやらないとだめみたいですね。

Proアカウントで選択できる職業は1000以上あるようなので自分に適した職業を表示するようにしましょう。

Twitterが定めるポリシーによれば、Proアカウントでの表示内容には、信頼できる情報を表示するなどいくつかの要件を満たす必要があります。これらの条件を満たさない場合、Proアカウントの一時停止などのペナルティがあると説明しています。

Proアカウントの運用にはこれまで以上に注意が必要なようですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2021/11/twitterpro.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2021/11/twitterpro.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2021/11/twitterpro.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。