新そばの旗や看板が目につくようになってきました、北海道産の新そばが出回る季節になりましたね

shinsoba2021200.jpg新そばが出回る季節になりました。この時期だと、福井県産の完熟蕎麦はまだ出てきていないので、北海道産の蕎麦を使っている蕎麦屋さんが新そばの旗や看板を出しているようです。
それにしても、秋の深まりとともに「新そば」が増えてくると、季節を感じますね。10月22日に金沢市三馬にある「しん馬」という蕎麦屋さんに伺いました。タイミングよく「昨日から新そばに変わったよ」と言われました。ラッキーですね。

新蕎麦なので三種盛りにしてそれぞれの違いを楽しみました

shinmasansyumori202110.jpg

新そばなので、今年の蕎麦の作柄というか品質を味わうという意味でも、この店の全品を食すことが出来る「三種盛り」をオーダーしました。

shinmasansyumorimannakagajyuwari202110.jpg

右から、更科(9割)、粗挽き(十割)、二八蕎麦という順番です。打ち方でぜんぜん違う表情の蕎麦になりますね。

更科は「さらしな」と読みます。白くてそうめんのような麺体ですが、蕎麦の中心部の白っぽいところだけで打った高級品です。昔は重宝されたんですね。ほのかな蕎麦の香りを楽しみながらいただきました。

真ん中の粗挽きは、さすが十割蕎麦らしく、ガツンとした蕎麦の味わいが前面にでてきています。固くて太めですが、これが一番のお気に入りです。

二八蕎麦は、どなたにも食べやすくおいしい蕎麦です。食感や味わいなどバランス良くまとまっています。

今年の蕎麦は、わりと淡白な印象ですね。香りも味わいも淡い感じでした。しかし、新そばらしく、もちもちとしてみずみずしい食感を楽しむことができました。

おありがとうございます。

しん馬さんの蕎麦は
https://sindan.org/shinmaarabiki/
にて紹介しています。

土曜日は福井市の彦兵衛さんのおろし蕎麦をいただきました

彦兵衛さんは福井市の地元で人気のお蕎麦屋さんです。

hikobei02.jpg

新そばではありません。完熟の奥越産蕎麦を使い手打ちした田舎そばです。これがびっくりの旨さでした。

詳細は
https://sindan.org/hikobei/
をご覧ください。

ガツン系が好きな人にはおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2021/10/shinsoba.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2021/10/shinsoba.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2021/10/shinsoba.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。