奥能登にはまだまだ観たことがない風景がありました

nototownsea20210825003.jpg石川県民の私でも、奥能登のことについてはまだまだ知らないことが多いなと、あらためて感じました。本日、輪島市から珠洲市を経由して能登町あたりまで車で移動しました。そのルートには初めて見る風景がたくさんありました。
能登町と珠洲市の境目あたりには恋路海岸がある旧内浦町があります。そのあたりの風景がとくに新鮮でした。遠くから見て、大きなキリコがあるなと思って近づいてみたら、そのキリコは橋でした。これにはびっくりです。


能登町の松波地域あたりの風景が新鮮でした

notouchiuraumimap.jpg
↑クリックするとグーグルマップが開きます

初めて見る景色だなと感じたのは松波地域あたりでした。観光地としては、北に見附島や恋路海岸があり、南側には九十九湾があるので、その中間地点です。考えてみたらこのあたりは通過地域だったかもしれません。

キリコの橋がありました

nototownsea20210825003.jpg

道路を走っていると海側のほうに高い塔のようなキリコが見えました。なんだろうと思って近づいてみるとそのキリコは橋そのものでした。これにはびっくりです。
内浦総合運動公園横の九里川尻川にかかる橋長59.5m、高さ23.8mの斜張橋で、奥能登地方の夏祭りの象徴である切籠(きりこ)をモチーフにしたものだそうです。この「ふるさとキリコ橋」は、夕方になるとライトアップされるそうなので、今度は夜に見てみたいです。

松波の漁港

nototownsea20210825002.jpg

漁港には内浦漁協の建物があります。

nototownsea20210825001.jpg

同じ場所から北の方角を見ると、肉眼で見附島が見えました。

nototownsea20210825005.jpg

このあたりの風景はほんとに新鮮です。というか、初めて見る景色です。まだ知らないところがこんなにあったのかと思い、ワクワクしました。

nototownsea20210825004.jpg

しばらくすると天気も回復してきて、海も空も青くなりました。

nototownsea20210825006.jpg

海に面した小高い丘の上に食品工場もあるんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2021/08/okunotobridge.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2021/08/okunotobridge.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2021/08/okunotobridge.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。