ラピッドSSLの古い証明書は「保護されていません」という警告表示がでる

保護されていませんGoogleクロームのアドレスバーに「保護されてません」と表示されるサイトが増加しそうだ。2018年3月15日リリースのGoogle Chrome66ベータ版では、常時SSLサイトであっても「保護されていません」と表示される場合もある。
問題なのは、シマンテック系のSSLで、特にさくらインターネットなどで利用者が多い「ラピッドSSL(RapidSLL)」だ。2017年7月以前に発行されたSSLサーバ証明書だとGoogleがその証明書を信用しないためhttpsであっても「保護されていません」と表示されるようだ。

まずは該当のWEBサイトのSSLで警告が表示されるかどうかをチェックしてみよう。

rapidssl20180315.jpg
https://www.websecurity.symantec.com/ja/jp/support/ssl-checker

上記のサイトにドメイン名を入力すると警告表示されるかどうかが確認できる。
このチェックサイトには以下のように表示されている。

Google Chromeの2018年3月と9月のリリースにより一部のSymantec・Thawte・GeoTrust・RapidSSLにより発行されたSSL/TLS サーバ証明書はブラウザにより信頼されなくなります。Chromeの利用者は、問題のある証明書が入ったウェブサイトにアクセスすると「ウェブサイトが信頼されていない」「このウェブサイトは安全ではない」などといった警告を目にすることになります。

自分の管理しているサイトが常時SSLになっていたとしても「保護されていません」という表示がでる恐れがある場合は、調べておこう。

もしも、不具合があるようなら、レンタルサーバ会社等に問い合わせてみよう。

さくらインターネットの場合は

「サーバ証明書種別」が「ラピッドSSL RS」のお客様
以下マニュアルを参照いただき、設定の上書きまで完了ください。

▼証明書の上書き
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/360000000602#034

の記事が参考になるはずである。


この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2018/03/rapidsslerror.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2018/03/rapidsslerror.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2018/03/rapidsslerror.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)

 

レンタルサーバーはどこがいいか

手軽にワードプレスでサイト構築ができるロリポップ
ロリポップ

レンタルサーバーシェアNO1のエックスサーバー
エックスサーバー

当社も利用しているさくらインターネット
さくらインターネット

この3つのレンタルサーバが日本では人気ベスト3のようです。