粗大ごみは無許可の業者には出さないこと、無料回収の投げ込みチラシには注意!

家庭ごみを無許可の業者にださない電化製品や不要になったパソコンなど粗大ごみは、市町村で決められたルールに従って処分をしなければならない。無許可の業者が投げ込みチラシなどで「無料回収」をうたって回収にくる場合があるが、誘いに乗らないようにしよう。
なぜ、そのような業者に粗大ごみを出してはいけないかというと、適正な処分をおこなわれない可能性が高いからである。粗大ごみの不法投棄などが問題になっているが、このような違法業者が大量処分することが原因とも言われている。

▼家庭や事務所のポスト口に投げ込みされていたチラシ
mukyokanogomikaisyuufr.jpg

また、無料回収をうたっているが、パソコンなどの処分料を別途に請求されたり、回収時に別料金を請求されたり、最初に提示された見積りより数倍の請求をされるケースなど、全国の消費生活センターへ数多くの苦情がよせられているようである。
以下は東京都中野区の例
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/211500/d022377.html

▼国の呼びかけ https://www.env.go.jp/recycle/kaden/tv-recycle/qa.htmlより
gomihuhoshori.jpg

やはり、市町村で決められたルールに従い、きちんと処分するのが正しいゴミの処分方法である。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2017/03/sodaigomi.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2017/03/sodaigomi.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2017/03/sodaigomi.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。