Wordpressで英語サイトを作成する前に「多言語コンテンツ三原則」に沿ってサイト内容を確認してみよう

多言語コンテンツ三原則WordPressで作成してあるWEBサイトを英語版や中国語版としても活用しようという動きが増えている。石川県では昨年開業した北陸新幹線の効果で観光客がどっと押し寄せており、外国人の姿も金沢市内では激増している。とくに見るからに欧米人らしき外国人が急増。その影響もあり、外国人を意識したインバウンドマーケティングが注目されている。小売店や宿泊施設などは新たなビジネスチャンスである。
WEBサイトに関しては既存の日本語WEBサイトのままでは外国人が読めないので、英語や中国語に翻訳してあらたに作るか、WordPressのプラグインなどでそのまま翻訳できるサービスを付与するかなど対策がいくつか考えられる。しかし、今あるWEBサイトをそのまま翻訳するだけでは、外国人にとって見やすいWEBサイトにならない。まず「多言語コンテンツ三原則」を確認しよう。

多言語コンテンツ三原則

多言語コンテンツ三原則

上記の「多言語コンテンツ三原則」は、2015年 失敗しない! WordPress多言語サイト制作で 絶対に知っておきたいことからの引用である。とてもよくできたスライドだ。150ページほどあるが、概要はさっとみるだけでもわかる秀逸な内容になっている。

多言語コンテンツ三原則とは、既存コンテンツの内容を3つに分類し、それぞれ別対応が必要であるということをいっている。

1.普遍的コンテンツ
製品のスペックや固有の情報など、外国語にそのまま翻訳すればよいような内容のこと

2.ローカライズコンテンツ
製品の価格はその国の通貨に変換しなければわからないし、輸送に関してもその国の国内法や環境によって翌日届くのか数日かかるのかも違うため、対象国にあわせた修正が必要であること

3.オリジナルコンテンツ
その国で展開する販売代理店やショールームの紹介や住所などは、日本国内の情報とはまったく違うので新規で作らなければならない内容のこと

この3つのコンテンツのうち、どの内容の比重が高いかによって、WordPressの構築方法も違ってくる。

WordPress構築は、これらをふまえたうえで以下の4つのどれにするかが重要となる。
1.言語別に別サーバ
2.マルチサイトで
3.プラグインを使う
4.1つのワードプレスサイトで運営

最初は、プラグインによる自動翻訳がいいのではないかという考えだったものが、よくよく意見交換していくとその必要がなかったことがわかってくる。

というのは、普遍的コンテンツであれば翻訳プラグイン活用は割と容易ではあるが、そもそもGoogleクロームなどの最新ブラウザでは自国語に自動翻訳するサービスがあり、その機能のほうが最新で優秀な翻訳をしてくれることのほうが多い。だとすれば、もともとのサイトをきちんとした日本語で書きなおしたほうがいいくらいである。

ページ数が少なければ、ローカライズコンテンツやオリジナルコンテンツに関しては新規でページを作成したほうが早い。だとすれば、新たに新規サイトを作るまでもなく、既存サイトに固定ページで数ページの外国語ページを追加するだけで十分である。

ということで、「4.1つのワードプレスサイトで運営」というのがもっともシンプルで最適だったりすることが多いように感じる。


この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2016/06/wordpress-us.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2016/06/wordpress-us.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2016/06/wordpress-us.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)

 

レンタルサーバーはどこがいいか

手軽にワードプレスでサイト構築ができるロリポップ
ロリポップ

レンタルサーバーシェアNO1のエックスサーバー
エックスサーバー

当社も利用しているさくらインターネット
さくらインターネット

この3つのレンタルサーバが日本では人気ベスト3のようです。