「焼きいなり」は空弁で人気になった石川県の名物弁当で、山下ミツ商店の分厚い特製油揚げについたおこげがたまらない魅力

焼きいなりを徳光PAで購入「焼きいなり」とは焼いた油揚げに寿司飯をたっぷり詰めたでっかい稲荷寿司だ。こんがりとおこげがついた油揚げに少し濃い目の味付けの寿司飯がたっぷり入っている。焼きいなりの特長はなんといっても焦げ目がついた分厚く大きな油揚げだ。山下ミツ商店の特製の油揚げを使い、旨味だしに一晩漬け込んでいるので、油揚げだけでもおいしい。ひとつ食べればかなりお腹がふくれるボリューム感もうれしい。以前、空弁でブームになったときは入手困難だったが、今では並ばずに買えるようになっている。北陸高速道路の徳光PA(下り)で購入した。

焼きいなりを徳光PAで購入

「焼きいなり」は徳光PAなら上り下りのどちらでも販売している。賞味期限が翌日までなので、購入したその日に食べてしまうのがいい。

焼きいなり

焼きいなりには「太鼓判」が押してある。

焼きいなり

焼きいなりの箱の中身には、「ちらし」と「鶏ごぼう」の二種類が入っていた。

焼きいなり

焼きいなりの「ちらし」のほうをいただいた。分厚い油揚げにはしっかりと旨味がしみこんでいた。きつね色のおこげの感じはとても食欲をそそる。けっこう大きいので、家族でシェアして食べたが大好評だった。食品王国石川県にはおいしいものがたくさんある。

この「焼きいなり」は、石川県加賀市にある加賀守岡屋が製造している逸品。全国放送のテレビ番組では何度も放映されているので、知っている人も多いはずだ。製造工場と本社は加賀市で、直売所は兼六園下の売店「金澤兼六屋」のみ。取扱店は、JRの駅では加賀温泉駅、小松空港、北陸高速道路の徳光PA(上り・下り)、尼御前SA(上り)だ。現在、金沢駅では販売されていないのが残念。

※「金澤兼六屋」は、珍味・水産練り製品「笠井食品」、和菓子「焼まん本舗 越山甘清堂」、「加賀守岡屋」の3社で運営されている土産物店。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2015/01/yakiinari.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2015/01/yakiinari.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2015/01/yakiinari.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。