ビルゲイツ氏のアイスバスケットチャレンジ動画は再生回数が1800万回を超えた、このブームが意味するものはなにか

アイスバスケットチャレンジ難病のALSを支援しようというアイスバスケットチャレンジがブームになっている。発端となったのはマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏がアイスバスケット(氷水)を自らかぶった動画を公開したことだろう。現在このユーチューブ動画の再生回数は1800万回を超えているから驚異的だ。
アイスバスケットチャレンジを終えた後に3名を指名し、指名された人はアイスバスケットをかぶるかALSの寄付をするかを選択しなければならないことになっている。この後に、孫正義氏や堀江貴文氏などIT業界の有名人が氷水をかぶり、今や一般の方を含めた全世界に波及している。

BillGatesALSIceBucketChallenge.jpg

ビルゲイツ氏のアイスバスケットチャレンジの動画は、すでに1800万回を超える再生回数になっている。

このALS支援のアイスバスケットチャレンジブームを複雑な心境で見ている人も多数いる。とくにALS関係者からそのような声が多いようだ。

▼出典
http://nikkan-spa.jp/705554

難病のALS支援の氷水かぶりのチャリティ、アイスバスケットが流行っているが、ALS関係者の私としては、大きく取り上げられて嬉しい反面、ちょっと物事の本質を捕らえてない、表面的なお祭り騒ぎにしか映ってない部分があり悲しい。

実際に病気になった人やその家族からするとお祭り騒ぎのような一時的なブームに違和感を感じるのだろう。さらに、ALSに限らず難病で闘病生活をしている患者さんやその家族にとって、ALSだけが注目されることへの憤りもあるだろう。(ALSの痛みが氷水をかぶったような痛みと似ていることから氷水をかぶることが始まっている)

また、このアイスバスケットチャレンジは、次の3人を指名するという「無限連鎖」のしくみがある。実際には無限につながることはないのだろうが、ネズミ講の仕組みと同じなのでその仕組みに違和感を感じている人もかなりいるはずである。

もしも、自分が指名されたらどうするか。少なくとも自分は次の人を指名することはしない。

今日は、氷をたっぷり入れたグラスで冷たい水を飲んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2014/08/icebucketchallenge.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2014/08/icebucketchallenge.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2014/08/icebucketchallenge.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。