スマフォとリーダーで支払いできる小売店が増えてきた、楽天スマートペイとiPhoneの組み合わせは優れた決済方法だ

楽天スマートペイで支払い2014年はC2C元年と言われている。その背景としては「ネットショップ無料化」や「電子マネーやクレジットの利用が急増」などが挙げられる。とくに昨年からクレジット支払いのシーンが変化している。小売店の店内で、タブレットやスマフォを使うことが増えてきた。先日はファッション関係の小売店でタブレットで会員登録をしたが、今日はメガネ店での支払いをスマフォで決済した。金沢市のメガネ店で購入したメガネの代金を楽天スマートペイで支払った。支払い方法はiPhoneに挿した端末(リーダー)に自分のクレジットカードをスキャンしてから表示された署名画面に指でサインして終了という手軽さだった。

このような決済方法が実店舗でも増えるという感覚はあったが、実際に複数の小売店で体験するといよいよ「オムニチャネル」の時代に突入したということがわかる。

楽天スマートペイで支払い

メガネの代金を楽天スマートペイで支払った。

楽天スマートペイではiPhoneに手書きでサイン

楽天スマートペイではiPhoneに手書きでサインして決済が完了する。

レシートは不要だと伝えると、「ではメールで受け取りますか?」と聞かれたのでおねがいした。すると、そのiPhoneに自分のメールアドレスを入力する画面が表示され、画面指示通りに入力。すると、確認メールが楽天スマートペイから送られてきた。
メールで支払い確認

これで決済完了。

スマフォだけでクレジットカードの支払ができるのなら、実店舗でなくても、出先でもいい。これからクレジットカードの利用方法が拡大することが実感できた。

この一連の画面を掲載することを了承してくれた太陽めがねの柿木店長には感謝である。最新のITサービスを積極的に取り入れて顧客サービスに熱心なこの店には頭がさがる。ありがとう、感謝です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2014/04/rakutensp.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2014/04/rakutensp.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2014/04/rakutensp.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。