辛味大根おろしそばという大根おろし汁で食べる蕎麦メニューが越前蕎麦を出す蕎麦屋にある

辛味大根おろしそば辛味大根おろしそばはその名の通り「辛味大根」のおろし汁で食べる蕎麦である。これがまた辛い。辛いけどうまいのである。
大根おろしと冷たい蕎麦の組み合わせは越前おろしそばの定番であるが、辛味大根おろしそばは少し組み合わせ方が違う。一般的な越前おろしそばは、大根おろしを醤油ベースのダシにまぜこんで、冷たい蕎麦にかけて提供するものが多い。蕎麦と大根おろしとダシはすでに器の中で一体になっているのである。しかし、辛味大根おろしそばは、蕎麦と大根おろし汁とダシは別々に提供されて、食べる人の好みでチョイスしながら食べることができる。また、大根おろしではなく大根おろしの汁だけを使うのも特徴である。

大根おろし汁で食べる蕎麦

蕎麦と大根おろし汁とダシが別々に提供されることで、蕎麦の楽しみが広がる。

まずは、蕎麦だけの香りを楽しんでから蕎麦だけを食べる。越前蕎麦のうまい蕎麦屋は福井県産の蕎麦を使っている場合が多く、香りも味わいも非常にいい。蕎麦だけで十分うまいのだが、つぎに大根おろし汁につけて食べる。このときまだダシを入れない。大根おろし汁だけで食べると、辛味のおあげで蕎麦の旨みがシンプルに引き立つのでとてもうまく感じる。最後に、好みに応じて大根おろし汁にダシを加える。

実は、ダシ(醤油ベースのかえし)と大根おろしがあわさると、劇的に辛くなる。甘みをのせた醤油ダシと大根おろしの辛さが相乗効果を起こすのか、この辛味は本当に強く、目にツーンとくるときがある。不思議に喉にはこないし咳き込んだりはしないのでが、とにかくこの辛さは尋常ではない。

しかし、この辛さがまたいいのである。食べ終わった後に蕎麦湯をいただきほっこりとしていると、辛味はすーっと体から抜けていくようで、その後はとてもすっきり。

越前おろしそばの「辛味大根おろしそば」、おそるべし。また食べたくなる蕎麦である。

蕎麦の食べ歩き北陸というブログでもこの辛味大根おろしそばを紹介したので興味ある方はご覧あれ。


この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2014/04/post-1941.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2014/04/post-1941.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2014/04/post-1941.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)

 

レンタルサーバーはどこがいいか

手軽にワードプレスでサイト構築ができるロリポップ
ロリポップ

レンタルサーバーシェアNO1のエックスサーバー
エックスサーバー

当社も利用しているさくらインターネット
さくらインターネット

この3つのレンタルサーバが日本では人気ベスト3のようです。