金沢歌劇座の山下達郎公演で、山下達郎の主要な客層は1950年代後半から1960年代生まれが多いことがわかった

金沢歌劇座金沢歌劇座で行われた山下達郎のライブに行ってきた。今年還暦を迎えたという山下達郎だがとてもパワフルで充実したライブだった。たっぷりと聴かせてくれた3時間半。終演で会場の歌劇座を出るとすでに午後10時を過ぎていた。山下達郎のライブは複数回来ているが今回のライブは選曲も流れも舞台もよく、充実度は最高だ。30年ぶりにデジタルリマスタリングで再発された「メロディズ」のアルバムを軸に展開する構成で、当時リアルで聞いていたファンとしてはとてもうれしい選曲だった。

ところで、山下達郎の固定客とはどんな客層なのだろうか。ライブ中のMCで「自分より少し年下で、一回り下くらいまでが中心」というようなことを言っていた。具体的に「1950年代後半から1960年代生まれの方がコアなファン」という説明をしたときに会場から大きな拍手が湧き上がった。自分もその年齢層にぴったりはまっており、たしかにその年齢層が目立って多かったような気がする。
山下達郎が金沢歌劇座に

山下達郎がプロミュージシャンとして38年続いているのは、自分が実現したい音楽の世界観が確立していることと、明確な顧客志向でサービス精神にあふれていることではないかと、ふと感じた夜だった。金沢での名演をありがとう。

ちなみに、「1950年代後半から1960年代生まれ」という言い方は「昭和30年代」とほとんど同じであるが、山下達郎はラジオ放送でもほとんど昭和とか平成という年号を使わず、西暦で年号をいう傾向があるように感じる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2013/12/tatsuroyamashita-kanazawa.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2013/12/tatsuroyamashita-kanazawa.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2013/12/tatsuroyamashita-kanazawa.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。