パソコン修理のプロはやっぱりすごい技術を持っている

Pcsyurinakahoriproノートパソコンのキーボードがひとつ外れてしまった。初期不良なのでメーカーで新品交換してくれるということになっていた。しかし、せっかく初期設定をすませ、オフィス2013もインストールした後なので、交換ではなくこのまま使いたい。オフィス2013のライセンスはバージョンアップライセンスなので別のマシンにライセンスを移転するときは90日後でないとできないというのもネックである。そこで、金沢のパソコン修理屋に相談に来たところ、修理できそうだということになった。

問題の「T」のキー

パソコンの故障の症状は、キーボードの「T」という文字のキーが浮き上がってしまって、まともに打てない状況になっていた。問題の箇所を診断してもらったところ、4箇所の留め具のうち1箇所が外れていて浮き上がった感じになっているということだった。
修理方法としては、外れた部分を留め具にしっかりととめてやれば治るはずだという。
しかし、問題なのはその方法である。

「①パソコンのキーボードカバー全体を外してしまう」または「②Tのキーだけを外して、はめ込み直す」のどちらかだ。それ以外の選択肢はあったとしても、「③メーカーに修理に出す」ということにしたい。

では、①にするか②にするか。

①はリスクが高すぎるので、②の方法で試してもらった。これでうまくいかなければ、メーカー修理を頼むことにしようと思った。
Keyboadhazure_2

②の方法で、「T」のキーだけを取り外し、そのあと慎重にはめ込み直したところ、無事に治った。

Barasidougu
外した部品はとても小さい。プロの道具とプロの技術でないとこれは修理できるものではないと、あらためて感心した。

パソコン修理屋金沢東山店
パソコン修理屋金沢東山店
石川県金沢市森山1-1-20
http://www.pcsyuriya.com/


この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2013/04/post-1832.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2013/04/post-1832.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2013/04/post-1832.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)

 

レンタルサーバーはどこがいいか

手軽にワードプレスでサイト構築ができるロリポップ
ロリポップ

レンタルサーバーシェアNO1のエックスサーバー
エックスサーバー

当社も利用しているさくらインターネット
さくらインターネット

この3つのレンタルサーバが日本では人気ベスト3のようです。