ポルトガルワインは底知れぬ魅力にあふれている、DOCドゥロの赤 「キンタ・ドス・アヴィダゴス」は1290円という価格の世界観を超えていた

Avidagosdocゴールデンウィーク初日の夜、ポルトガルワインを飲んだ。DOCドゥロの赤 「キンタ・ドス・アヴィダゴス」。先月、魚津の鮨蒲本舗河内屋に見学に行ったさい、そのすぐ近くにあった「エスポアおおさき」という酒屋で買った赤ワインである。ワインアドバイザー舟崎文雄氏が超おすすめというメッセージをフェイスブックで書いているの見たからだ。なんと1290円でこのパフォーマンス。1000円台の価格の赤ワインの世界観を超えていると感じた。

Avidagos_dourodoc
DOCドゥロの赤 「キンタ・ドス・アヴィダゴス」はフルボディ。おかしな甘さがなくスパイシー芳醇な味わいがある。濃厚な黒さで、おだやかにタンニンが効いて飲み飽きない。ちびちび飲むのに持ってこい。フランスワインとはちょっと違った趣がまたいい。

舟崎文雄氏が3/18に書いたフェイスブックの紹介記事は次のとおり。

昨夜の家飲みワインです。ポルトガルのDOCドゥロの赤 「キンタ・ドス・アヴィダゴス(1290円)」 前述の10日 県内初かもしれないシニア資格者3名が入った数名の内々の試飲会で全員一致で仕入れ決定しました。
とにかくこんなお手頃価格とはとても信じられないような高いポテンシャル。エスプレッソ、ブラックチョコ、葉巻、ダージリン、ジビエ、なめし皮、黒トリュフ、ブラックベリーやプルーンのコンポート・・・。光を一切通さない真っ黒な色、濃厚な味わいながら、ガチガチではなく、まろやかでトロトロ。
この時に一緒に試飲した他のポルトガルスティルワインは、濃くても、変な甘さが残ったり、品の良さがイマイチだったり(田舎臭くて都会的な洗練が感じられない)、味わいが単調だったり、そんな中、これは別格、しかも中で もっとも低価格と驚きのワインでした。
思わず、アヴィダゴス→アヴィダサマ、阿弥陀様???。
そう言えばブドウ品種もティンタ・ロリス、ティンタ・バロッカ、トゥリガ・フランカ、トゥリガ・ナシオナル種とたいへんマニアック。

ワインの魅力は言葉化するチカラで増幅されるものらしい。

このメッセージを見て、買わずにいられなくなった。2本買ったが1本はすでに3/23にネット仲間と一緒に飲んだので、今日の1本が最後の1本。半分は明日のために残しておこう。


この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2013/04/doc-1290.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2013/04/doc-1290.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2013/04/doc-1290.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)

 

レンタルサーバーはどこがいいか

手軽にワードプレスでサイト構築ができるロリポップ
ロリポップ

レンタルサーバーシェアNO1のエックスサーバー
エックスサーバー

当社も利用しているさくらインターネット
さくらインターネット

この3つのレンタルサーバが日本では人気ベスト3のようです。