ウイルコムハイブリッドWzero3は時代の役割を終えたのでソフトバンクモバイルのスマートフォン「Libero SoftBank 003Z」に機種変更

ソフトバンクモバイルのスマートフォン「Libero SoftBank 003Z」 ウィルコムハイブリッドWzero3は時代の役割を終えた。2年前は画期的なスマートフォンで、ハイブリッドWzero3はPHS回線とドコモ3G回線の両方が使えたうえ、無線wifiルータとしても使うことができた。しかし、その後のiPhoneの登場以降はまったく色褪せてしまった。来月に2年の更新時期がきるので解約も含めて検討していたら、ウィルコムから機種変更優待キャンペーンの案内がきた。結局、このキャンペーンにのりソフトバンクモバイルのスマートフォン「Libero SoftBank 003Z」に機種変更することにした。

機種変更優待キャンペーンによると、「ハイブリッドwzero3」をPHS電話機1台とスマートフォン「Libero SoftBank 003Z」1台の2台に機種変更するということだ。機種変後の通信料は2台で月額1450円(新ウィルコム定額プランGS)となる。

【機種変更優待キャンペーン】WX01NX × Libero 003Z セット ホワイト&ホワイト(W3W

2台を購入する代金は実質無料になる。遠田が選んだ限定セットBだと23520円で、月額支払は980円だが、今回のキャンペーン割引で月額980円の割引となるためだ。今回はたまっていたウィルコムポイントが6000円分以上あったので、このポイントを使ってカードで支払ったので、翌月からの通話料金は1450円-980円=470円となるはずである。

1台を2台に機種変するとは大盤振る舞いのようにも見える。
しかし、もともとの「ハイブリッドwzero3」は音声通話用のPHSとデータ通信用のドコモ3Gの2回線あったわけで、機種変で手に入る2台はそれぞれの専用機なので、機能的には同じである。音声通話はPHSの電話専用機になり、データ通信はスマートフォンの「Libero SoftBank 003Z」となるだけだ。(Libero SoftBank 003Zには音声通話機能がないため)

なんか持ち歩くマシンが増えすぎてたいへんになりそう。しばらくはアンドロイドマシンの表示確認用として「Libero SoftBank 003Z」を使うつもり。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2011/12/wzero3libero-softbank-003z.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2011/12/wzero3libero-softbank-003z.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2011/12/wzero3libero-softbank-003z.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。