ツイッターは伸び悩み?ミクシーは堅調な伸び

Twittergoogleツイッターユーザーが1000万人に達したというニュースもある。一方、ツイッター熱は今年の春先ほどの過熱ぶりはではなくなってきたかもしれない。グーグルトレンドで、「twitter」「mixi」「google」の3つのキーワードを日本国内の検索ボリュームで比較してみた。すると、「twitter」は今年前半の勢いが少し衰え6月ころには少し減少しているようにも見える。一方、「mixi」は底堅く伸ばしていることがわかる。

ソーシャルネットワークの今後の行方には注目だが、その媒体としては「twitter」「mixi」「facebook」の三大ソーシャルメディアの動向が気になるところだ。

世界のソーシャルネットワークでは「twitter」よりも「facebook」がメジャーである。ユーザー数は「twitter」が1億人なのに対して、「facebook」はすでに4億人を突破している。日本ではそれほど普及していないが、twitterユーザーを中心にfacebook利用が増加しているのは間違いない。今後、日本語環境で「facebook」がどのような戦略をしかけてくるかによっては一発逆転はあるかもしれない。

また、日本国内では「mixi」が強い。twitter人気が急上昇しているときも、mixiはサービスを見なおしユーザー数を増やしている。日本では、「twitter」と「mixi」の中心ユーザーは年齢層で違いが見られるという。「twitter」は40歳代を中心とした中高年層にヘビーユーザーが多く、「mixi」は10代や20代を中心としたヤング層の利用者が多いようだ。

ソーシャルメディアのジャーナリストとして日本の第一人者の湯川鶴章さんが、ソーシャルメディア講座を開催した。9月からソーシャルメディア講座の第二期が始まる。東京に住んでいるならぜひとも参加したところだが日程調整が困難なので残念。


この記事を書いた遠田幹雄は中小企業診断士です

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係る総合的なコンサルティング活動を展開しています。実際にはWEBマーケティングやIT系のご依頼が多いです。
民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。
なお、お問い合わせは電話ではなくお問い合わせフォームからメールにておねがいします。新規の電話番号からの電話は受信しないことにしていますのでご了承ください。

この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2010/08/post-1176.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://www.dm2.co.jp/2010/08/post-1176.html」をQRコードで表示「https://www.dm2.co.jp/2010/08/post-1176.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。

 

遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

(グーグルカスタム検索)

 

レンタルサーバーはどこがいいか

手軽にワードプレスでサイト構築ができるロリポップ
ロリポップ

レンタルサーバーシェアNO1のエックスサーバー
エックスサーバー

当社も利用しているさくらインターネット
さくらインターネット

この3つのレンタルサーバが日本では人気ベスト3のようです。